定性データ Qualitative Data

正式名称:Qualitative Data

定性データとは、文章や画像、音声など、数値化が困難な、もしくは数値化が不可能なデータのことを指します。

定性データを調べるための調査方法を定性調査といいます。

定性調査では、個人による発言や行動など、数値や割合などで表現することのできないことを解釈し、新しいヒントにつなげていくための定性データを得るための調査を行います。

定性データを得るための代表的な定性調査には、「フォーカスグループインタビュー」、マンツーマンで行う「ユーザーインタビュー」の2種類があります。

これらの定性データを得るための調査では、「AかBどちらが好きか」というような選択式の質問も行いますが、多くの質問は「どのように好きなのか?」「好きな理由は何か?」など考え方や理由など、数値化できないデータを得るための質問で構成されています。

定性データを得るための定性調査の大きな役割は、アンケートなど、数値化できるデータを得る調査方法ではデータを得ることが難しいデータを得ることになります。

「経験」や「理由」、他にも、同じ様な考え方で選んでいる製品はあるのか、など、数値化できない情報や価値観、情緒的な心理構造が定性データと考えられます。

まとめ

定性データと定量データはしっかりと線引きされているわけではないので、うまく使い分けながらデータの収集をしていく必要があります。

顧客や消費者のことを理解するためには「量と質」両側からのアプローチが必要なように、消費者行動の深さを知るための定性データ、消費者行動の広さを知るための定量データ、それぞれをうまく使い分けながら、マーケティング活動に活かしていく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。
国内の広告

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。

未曾有のウイルスによって私たちの生活はこの1~2年で大きく変わった。 外出もできず、広告を行うこともなんとなく躊躇われた時期もあった。 だけど、そんな時期だったからこそ前向きな、メッセージ性の強い広告がたくさん生まれ...
【2022年版】コインパーキングの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年版】コインパーキングの空きスペースで収益化!活用事例6選

コインパーキングはスペース活用にも有効な活用法であり都心部でも多く見られるようになった。 一方で、コインパーキングがなかなか全て埋まるほど利用されていないケースもあり、管理側からすると大きな問題になっている。 ここで...
明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...