ナレッジマネジメント Knowledge Management

正式名称:Knowledge Management

ナレッジマネジメントは企業が競合との優位性を保つために自社の競争力を向上し、活性化させるための手法を指します。

企業が蓄積してきた知識や情報、経験、他にも個人が所有する知識や情報を全社で共有することで競争力の強化・向上を目指し、他社に対して競争優位性を築いていくことがナレッジマネジメントの目的になります。

現在では、スケジュール管理、顧客情報など、重要な情報やデータをデータベース化して全社員が閲覧できるようにする高度なナレッジマネジメントも用いられるようになってきています。

企業が大きくなったり、事業規模が拡大していくと情報共有が困難になるので、機会損失・業務上の支障が発生します。

機会損失や業務上の支障を少しでも抑えるために、知識や情報の共有を素早く行えるのかが企業価値、製品ブランドを高めるためのチャンスとなりますのでナレッジマネジメントが重要視されます。

ナレッジマネジメントを導入する場合には、形式知・暗黙知という言葉を見かけるようになります。

それぞれ、データを可視化するために必要なのですが、形式知とはファイルやデータから読み取れる知識を意味します。

それに対して、暗黙知は、形式知の裏に隠された「なぜそうなったのか」という部分を意味する言葉です。

形式知だけでなく「なぜ」の部分を意味する暗黙知も同時に可視化することによって有益な情報の共有が行えます。

まとめ

自社の競争力強化を考えた場合にはナレッジマネジメントは非常に重要な経営手法となります。

特にビジネスの規模が大きくなったり、企業規模が大きくなった場合には迅速に、有益な情報の共有を行うためにもナレッジマネジメントの導入を進めていく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

メタバース上に出現!Nikeが手掛ける初の没入型3D空間広告
面白い広告

メタバース上に出現!Nikeが手掛ける初の没入型3D空間広告

オンラインプラットフォーム Roblox(ロブロックス)内に没入型3D空間 NIKELAND(ナイキランド)をオープン メタバース上に突如出現したこの空間では、3Dアバターを操作して様々なアクティビティを楽しんだり、...
大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例
国内の広告

大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例

オンラインゲームがアツイ。 飲食店や電車の中、信号待ちの空間でさえ、スマホで必死にゲームをする人を見かけることが増えた。 私の様にオンラインゲームを全くしない層でも、今はやりのゲームについて分かってしまうのは、ゲーム...
駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕
国内の広告

駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕

突然だが、この画像を見ていただきたい。 Twitterで16万リツイートされた、話題の広告だ。 2022年の1月、東大前駅に掲載された「明治R-1」の広告である。 受験シーズンということで、東大へ向かう受験生を応援す...