バイラルマーケティング Viral Marketing

正式名称:Viral Marketing

バイラルマーケティングとは、主にインターネットやメールにより、クチコミを利用して不特定多数に広まるよう仕掛けていくマーケティング手法のことを指します。

バイラルとは、「ウィルス性のある」「感染力がある」と和訳される言葉であり、口コミなどによって人から人へ情報を伝える様子を意味します。 いまや、FacebookやTwitter、Instagram、LineなどのSNSを活用している人は数多く、「いいね」や「リツイート」などによる拡散力は想像も及びません。

このSNSの拡散力を活用して自社の商品やサービスを宣伝しようというのがバイラルマーケティングです。

バイラルマーケティングの実践方法は、人から人に拡散してもらえる情報をSNSに投稿することです。

例えば、Twitterで「フォロー&リツイートした方から〇名様にプレゼント」という内容をツイートし、見た人がフォロー&リツイートして拡散していく、というものが挙げられます。

これは、このツイートを見た人の「フォロー&リツイートすることによってプレゼントをもらえるかもしれない」という心理をうまく活用した例といえます。

バイラルマーケティングは、人から人への拡散を狙ったものであり、とても単純な仕組みですが、情報が拡散されるためには人から注目されるコンテンツを投稿することが重要です。 したがって、市場調査によってユーザーニーズを知ることが大切です。

まとめ

バイラルマーケティングを成功させるためには、ユーザーが興味を示す情報と拡散しやすい環境を作ることが重要です。 拡散して欲しいという意味の文言を添えたり、クリックしやすいボタンを設置するなど、さまざまな手法がありますが、ターゲティングをしっかり行い、適切な手法で実施すると良いでしょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告
国内の広告

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告

広告に嫌悪感を感じるユーザーから、支持を得た広告がある。 まずはどんな広告がご覧いただこう。 山手線で掲載されたNetflixのオリジナルアニメ作品「リラックマとカオルさん」の広告だ。 2019年に掲載され、瞬く間に...