バイラルマーケティング Viral Marketing

正式名称:Viral Marketing

バイラルマーケティングとは、主にインターネットやメールにより、クチコミを利用して不特定多数に広まるよう仕掛けていくマーケティング手法のことを指します。

バイラルとは、「ウィルス性のある」「感染力がある」と和訳される言葉であり、口コミなどによって人から人へ情報を伝える様子を意味します。 いまや、FacebookやTwitter、Instagram、LineなどのSNSを活用している人は数多く、「いいね」や「リツイート」などによる拡散力は想像も及びません。

このSNSの拡散力を活用して自社の商品やサービスを宣伝しようというのがバイラルマーケティングです。

バイラルマーケティングの実践方法は、人から人に拡散してもらえる情報をSNSに投稿することです。

例えば、Twitterで「フォロー&リツイートした方から〇名様にプレゼント」という内容をツイートし、見た人がフォロー&リツイートして拡散していく、というものが挙げられます。

これは、このツイートを見た人の「フォロー&リツイートすることによってプレゼントをもらえるかもしれない」という心理をうまく活用した例といえます。

バイラルマーケティングは、人から人への拡散を狙ったものであり、とても単純な仕組みですが、情報が拡散されるためには人から注目されるコンテンツを投稿することが重要です。 したがって、市場調査によってユーザーニーズを知ることが大切です。

まとめ

バイラルマーケティングを成功させるためには、ユーザーが興味を示す情報と拡散しやすい環境を作ることが重要です。 拡散して欲しいという意味の文言を添えたり、クリックしやすいボタンを設置するなど、さまざまな手法がありますが、ターゲティングをしっかり行い、適切な手法で実施すると良いでしょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?
国内の広告

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?

グルメ系の動画を見ると、どうしても目が留まってしまう。 それが例え広告目的の動画であったとしても、私は卑しいのでスキップができない派である。 「美味しそうだな」、という消費者心理はどうしても制御できないものがあるのか...
「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM
その他

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM

NTTドコモが2026年3月にiモードとFOMAのサービスを終了 歴代の400台以上のガラケーが登場し、iモード全盛期のあるあるやトレンドを盛り込みながら、当時のガラケー視点でガラケーが人と人とを繋いだ思い出を振り返...
サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...