バズマーケティング Buzz Marketing

正式名称:Buzz Marketing

バズマーケティングとは、人為的にクチコミを発生させて商品やサービスの特徴や感想などを周りに広めていくマーケティング手法を指します。

バズマーケティングの目的は「特定の商品やサービスに関する認知度を短期間で飛躍的に向上させること」です。マーケットの移り変わりは非常に早くなっているため、どれだけ良い商品を生み出したとしても、消費者からの注目を浴びることができなければ、売り上げの向上は難しく、口コミサイトやSNSを通して情報を拡散してもらい、注目してもらうことが重要です。

バズマーケティングでは、ポジティブな評価で「バズる」という方法に加えて、ネガティブな論議や批判をあえて受けることで知名度を高める「炎上」という手法も用いられることがあります。

バズマーケティングのメリットは「一度バズると効果が絶大である」という点です。

SNSなどで注目を浴びてバズることができれば、消費者の間で瞬く間にその情報は拡散されていきます。動画サイトなどで取り上げられることになれば、国内だけでなく海外の需要を掘り起こすことにもつながります。

これほどの影響を企業が自前の広告のみで行うとなると、莫大な費用および時間が必要となります。したがって、バズマーケティングは非常に効率が良く、うまくバズることができればコストパフォーマンスが高い戦略になります。

まとめ

バズマーケティングの注意点は「ターゲティングを丁寧に行うこと」です。例えば、訴求したい消費者層が若者を中心としているのであれば、SNSでとりわけ注目度の高いインフルエンサーを通してバズりを狙うのは良い方法でしょう。

一方、ターゲットが比較的高齢である場合、インフルエンサーによる効果はあまり期待できません。むしろ、商品やサービスを消費者が直接体験できるような機会を設ける必要があるでしょう。このように、ターゲットに応じた対策を取ることが戦略のカギとなります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告
国内の広告

だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告

毎年癖の強い広告を展開して話題を集めているKINCHO。今年は日を追うごとにサイズが小さくなっていく新聞広告が大きな反響を呼んだ。今回はだんだん小さくなるKINCHOの新聞広告をご紹介する。 小さくなりすぎて逆にツッ...
印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題
国内の広告

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題

せっかくの広告ポスターなのに、印刷を大失敗してしまった!そんな事例をご紹介しよう。 「印刷データを間違えて送ってしまって、僕の証明写真が掲載されました」 こちらは2019年、東京メトロ早稲田駅に掲載された広告だ。 大...
「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...