パイプライン Pipeline

正式名称:Pipeline

パイプラインとは、営業活動を行う上で担当者が獲得した見込み客を受注するまでの段階的なプロセスを指します。

例えば、商品やサービスの問合せがあったとします。その場合、次に営業担当者は問合せてきたクライアントに対して詳しい内容などをヒアリングするといった業務に移ります。

次にヒアリングした内容をもとにクライアントに提案を行うというプロセスが発生する訳です。

こういったプロセスをパイプラインと呼びます。

もちろん業界によってプロセスは異なりますが、どの業界においても受注という結果において、途中の過程が存在し、パイプラインを意識することで受注率の向上に繋げることもできます。

「パイプライン管理」では初回訪問から受注までのプロセスを可視化して、分析を行い弱い部分を改善していくアクションです。パイプライン管理を行なうことで売上や営業目標の達成を目指していきます。

具体的には、問合せ、ヒアリング、初回提案、二次提案、クロージング、受注の流れで進みます。

上記のようなプロセスを可視化して、それぞれのステップを進めていきます。
後に個人の営業成績や分析を行う際に各フェーズごとの数字を計算し、その数字を判断材料として営業担当者の弱みを抽出することができるようになります。

例えば上記の流れを参考にすると、初回提案を行った案件に対して二次提案に進んだ率を計算したとします。
その数字が他の営業担当者と比較して悪いといった場合に、どういった原因があるのかということを分析できるようになるという訳です。

まとめ

営業活動において、ボトルネックになっている部分の洗い出しや売上、営業目標に対する進捗具合を具体的に把握できるなど、パイプライン管理にはメリットは多くあります。さらに管理ツールを利用することで、パイプライン管理の時間効率もあげていくことができます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始
国内の広告

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。 可愛らしくも、迫力ある映像だ。現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。 落とさないで! クロス新宿ビジョン(運営:株式会社...
バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは
国内の広告

バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは

田舎で生まれ育った私は、当時テレビのニュースやバラエティで紹介されるお店や限定商品はどれも異世界のモノだと思っていた。 「あ~あの施設の中はどうなってるんだろ?」「あの商品って一番近くでどこで買えるんかな」そんな風に...
日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!
面白い広告

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!

「アンビエント」には、「周囲の」「環境の」といった意味がある。その言葉通り、日常生活を営むうえで利用している道具や場所などをそのまま広告として活用したメディアを「アンビエント広告」という。 それでは、実際にはどのよう...