パーソナライゼーション Personalization

パーソナライゼーションとは、顧客一人ひとりのニーズやライフスタイルに合わせて、提供する情報やサービスを最適化するマーケティング手法を指します。ディスプレイ広告やカスタマーサポート、メールなど、複数のチャネルを通じて一貫した体験を提供し、顧客満足度を高めてコンバージョンの増加やLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の最大化につなげることを目的としています。

検索履歴や訪問したwebサイトに応じて、検索結果が自分の要望に合うようにカスタマイズされたり、ECサイトで購入した商品や検索した商品、一度カートに入れた商品に関連しておすすめ商品が広告に表示されたりするのは、パーソナライゼーションの代表的な例です。

Amazonを例に挙げますと、Amazonのアプリやwebサイトを開くと、最近検索したり、購入したりした商品に似た商品が「おすすめ」として表示されますが、これは、レコメンド機能とよばれるパーソナライゼーションの手法です。

顧客の閲覧履歴や行動履歴に合った商品を示して興味を引くことによって、webサイトの滞在時間が長くなり、商品の購買率が高まります。
また、「自分の嗜好を理解してくれている」「自分に合った商品をおすすめしてくれる」といった価値ある体験を提供することで、ブランドや製品、サービスへのロイヤリティ向上にもつながっています。

まとめ

パーソナライゼーションでは、一人ひとりの属性や行動履歴、ニーズを分析し、最適化した情報を提供することが可能です。これにより、顧客に「自分のために時間を割いてくれている」「自分を大切にしてくれている」といった特別感を持たせて、信頼関係を構築していきましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

12月公開の『THE FIRST SLAM DUNK』 ファンを沸かす広告は展開されるのか?
国内の広告

12月公開の『THE FIRST SLAM DUNK』 ファンを沸かす広告は展開されるのか?

好きなマンガやアニメの広告を見かけると胸が高まる。 通勤ルートで発見した日は、その日が1日ハッピーに過ごすことができる。そんなことは単純すぎるかもしれないが、あながち間違ってもいない。 世の中に「バスケブーム」を引き...
広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...
「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ
国内の広告

「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ

世界的にも有名なマッチングアプリTinderは日本でも多くの若者に利用されている。 私もかつては、Tinderで出会った人と酒を飲む夜もあった。右にスワイプ左にスワイプ……。 スマホ画面上に出てくる相手を好きか嫌いか...