フリークエンシープログラム FSP

正式名称:Frequent Shoppers Program

フリークエンシープログラムとは、航空会社のマイレージプログラムや店舗で導入しているポイントシステムを指します。

フリークエンシープログラムでは、サービスの利用や商品の購入に対してポイントを発行し、顧客にポイントが溜まる喜び、また、お得感を提供します。

さらに、他の店舗や他のサービスへの浮気を防ぎ、顧客セグメントにも活用できるマーケティングプログラムの1つです。

フリークエンシープログラムの目的は継続的なサービス利用、そして商品の購入を狙ってポイントやマイレージなど、顧客に対してインセンティブを付けるプログラムです。

このフリークエンシープログラムが最初に実施されたのが1981年に開始されたアメリカンエアラインのマイレージプログラムで、つまり、航空会社が提供するFFP:フリークエント・フライヤー・プログラムがフリークエンシープログラムのはじまりだとされています。

フリークエンシープログラムを利用する際には、多くの場合、顧客の利用・購入実績を分析し、自社に対する貢献度の高い顧客層向けにマイレージプログラムやポイントシステムを実施することになります。

まとめ

現在ではアメリカだけでなく、日本でも多くの企業・店舗がフリークエンシープログラムを導入して、現在のマーケティング、ビジネスにフリークエンシープログラムは欠かせないマーケティング手法となっています。

一方で、ポイント還元やプレゼントなどのインセンティブが単なるディスカウントになってしまい、利益を圧迫することがないようにフリークエンシープログラムを進めていく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

電車広告の種類・費用の相場とは?
国内の広告

電車広告の種類・費用の相場とは?

通勤や通学、旅行など、移動手段として欠かせない電車。 ふと目に留まる電車広告は、多くの人に認知されやすくその効果は絶大でさまざまな企業がプロモーションに活用している。 視認性も高く、自然の流れで認知させるにはおすすめ...
大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例
国内の広告

大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例

オンラインゲームがアツイ。 飲食店や電車の中、信号待ちの空間でさえ、スマホで必死にゲームをする人を見かけることが増えた。 私の様にオンラインゲームを全くしない層でも、今はやりのゲームについて分かってしまうのは、ゲーム...
本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!
その他

本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!

街中に掲載される企業の広告には、自社の商品やサービスを広く世に知らしめ、ユーザーの購買意欲を高める目的がある。 しかし近年、異なる企業がまるで対話を繰り広げるかのような広告を出すケースが増え、話題を集めている。 今回...