プライバシーマーク Privacy Mark

正式名称:Privacy Mark

プライバシーマークは個人情報を適切に安全管理し、または、保護措置を行う体制がある事業者に対し審査をした上で付与されるマークを指します。

プライバシーマークは財団法人日本情報経済社会推進協会が主催、付与しています。

また、付与を受けるには1回きりの審査だけではなく、2年に1回のの更新が必要になります。

プライバシーマークの更新の際にも資格維持のために監査が必要なため、常にコンプライアンスを遵守し、個人情報の安全管理、保護措置を徹底している必要があります。

プライバシーマークを保持し続けるには常にコンプライアンスを遵守した企業活動が必要になるので、法律に則った体制を保つことができます。

また、メリットとしては、プライバシーマークは個人情報の安全管理・保護について高いレベルでマネジメントシステムを確立し運営していることの証明なので、取引先や見込み客へアピールするための手段として利用することが可能となります。

まとめ

プライバシーマークを取得・保持するためには審査の通過や定期的な更新が必要となりますが、見込み客や消費者に対して個人情報管理・保護における高い安全性をアピールできることを考えた場合には、プライバシーマークを取得するメリットは非常に大きいと考えることができるでしょう。

個人情報に関して企業・一般消費者問わずに重要視している現代においてはプライバシーマークは非常に重要な指標と考えることができます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例
海外の広告

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例

多くの企業が「サスティナビリティ」を当たり前のように叫ぶ時代に突入している。今や、「持続的な社会とは何か?」ということが日々当たり前のように問われるようになった。 しかし、それを消費者目線で分かりやすく発信している企...
国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?
国内の広告

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?

グルメ系の動画を見ると、どうしても目が留まってしまう。 それが例え広告目的の動画であったとしても、私は卑しいのでスキップができない派である。 「美味しそうだな」、という消費者心理はどうしても制御できないものがあるのか...
ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする
その他

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする

ファッション広告で世界的に有名なブランドがメタバースを話題にしたのはつい最近でもない。難しさは仮想を受け入れる体制は整っていなかったからだろう。身近な環境のデジタル化が進み、遊び心がそれを現実化へと大きく近づけた。メ...