プライベートブランド Private Brand

正式名称:Private Brand

プライベートブランドとは、流通小売業者が掲げる自社の独自ブランドのことを指します。

開発・製造するメーカーが、特定のお店・小売店のために商品の開発・製造を行い、その小売店でのみ商品を販売します。

プライベートブランドを開発・製造する場合、流通小売業者との取り決めで、製造した在庫は全てまとめて買い取ってもらえる契約になるため、売れ残りや在庫を抱えてしまう可能性がないことがメリットになります。

さらに、小売業者がプライベートブランドを販売することにも非常に大きなメリットがあります。

プライベートブランドは流通小売業者が企画して、開発・製造をメーカーに依頼できるので、ライバルや競合他社が扱っていないオリジナル商品の開発ができるメリットがあります。

また、プライベートブランド商品の企画にはお店が持つ客層などの販売データを取り入れることもでき、本当に消費者、顧客が求める商品の開発につながり、プライベートブランド商品を目当てに集まる消費者が増えるので、効率的な集客ができるメリットがあります。

他にも、メーカーから大量に仕入れることができるので、プライベートブランド商品の原価、仕入れ値を安く抑えることもできます。

まとめ

プライベートブランドでは、値段の安さだけではなく、何かしらの付加価値を付けたプライベートブランド商品に需要が集まっています。

値段・価格は多少上がったとしても、いかに充実した付加価値を商品に付けることができるのか、それが今後、プライベートブランドで成功していくために必要な戦略となっていくでしょう。

プライベートブランドに適切な付加価値を付けるためにも「お客さんが何を求めているのか」というニーズを探っていくマーケティングの活動が非常に重要になっていると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは
国内の広告

バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは

田舎で生まれ育った私は、当時テレビのニュースやバラエティで紹介されるお店や限定商品はどれも異世界のモノだと思っていた。 「あ~あの施設の中はどうなってるんだろ?」「あの商品って一番近くでどこで買えるんかな」そんな風に...
すみっコぐらしが大田区をジャック!地域と連携した初のイベント
国内の広告

すみっコぐらしが大田区をジャック!地域と連携した初のイベント

とにかくすみっこが好きという後ろ向きなキャラクターたちが人気の「すみっコぐらし」。今回は、9月5日からスタートした「すみっコぐらし×けいきゅう&はねだくうこう in おおたく『東京都のすみっこ大田区で10周年お祝いキ...
本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!
その他

本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!

街中に掲載される企業の広告には、自社の商品やサービスを広く世に知らしめ、ユーザーの購買意欲を高める目的がある。 しかし近年、異なる企業がまるで対話を繰り広げるかのような広告を出すケースが増え、話題を集めている。 今回...