プレディクティブ・アナリティクス Predictive Analytics

正式名称:Predictive Analytics

予測分析(Predictive Analytics)は、機械学習などを活用してデータを解析し、将来の結果を予測することを指します。

特に近年では、ビッグデータを使ってのマーケット動向の予測が注目を集めています。膨大なデータを用いることによりその精度を高め、顧客が起こす未来の消費行動などを見極めようとしています。

膨大なデータを処理するためには高度な技術を要するので、一企業が予測分析を導入することは容易なものではありませんでした。しかし昨今では、機械学習やAI技術も発達し、企業向けの実用化が進んでいます。

こうした需要の増加は、AI技術のみならず、ほかにもさまざまなことが要因として考えられます。

例えばストレージや解析に関する技術の発展、分析ツールの充実などが関係してますし、コンピューター自体の処理速度も格段に進歩し続けています。

そのため予測分析にかかるコストも年々下がってきており、あわせてツールの普及も進んでいることなどから、高度な分析を一般企業が行うようになっています。

まとめ

技術の発展は分析の精度を上げるだけでなく、企業間競争の激化も生んでいます。競争相手もグローバル化しつつありますし、経済状況の厳しさも増しているのです。そのような状況下、一企業が生き残り、長く活動を続けていくためには競合他社との差別化が必要です。
また、最適な企業運営を行い、低コスト、低リスクかつ効率的に利益を生み出すことも求められています。これらを遂行するためにも、予測分析が必要なのです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。
国内の広告

大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。

電車内がラグビー場になった。 2022年1月2日から1月15日まで、Osaka Metro御堂筋線の車内にラグビー場を再現した電車が現れた。 その正体はNTTドコモレッドハリケーンズ大阪。1月7日のラグビー新リーグ「...
【2022年版】コインパーキングの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年版】コインパーキングの空きスペースで収益化!活用事例6選

コインパーキングはスペース活用にも有効な活用法であり都心部でも多く見られるようになった。 一方で、コインパーキングがなかなか全て埋まるほど利用されていないケースもあり、管理側からすると大きな問題になっている。 ここで...
エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?
その他

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?

近年、防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」を設置したエレベーター数が増加傾向にある。エレベーター内で音声付きの動画広告を配信することで、月間8,000万人以上へのアプローチが可能になるという。 今...