プレディクティブ・アナリティクス Predictive Analytics

正式名称:Predictive Analytics

予測分析(Predictive Analytics)は、機械学習などを活用してデータを解析し、将来の結果を予測することを指します。

特に近年では、ビッグデータを使ってのマーケット動向の予測が注目を集めています。膨大なデータを用いることによりその精度を高め、顧客が起こす未来の消費行動などを見極めようとしています。

膨大なデータを処理するためには高度な技術を要するので、一企業が予測分析を導入することは容易なものではありませんでした。しかし昨今では、機械学習やAI技術も発達し、企業向けの実用化が進んでいます。

こうした需要の増加は、AI技術のみならず、ほかにもさまざまなことが要因として考えられます。

例えばストレージや解析に関する技術の発展、分析ツールの充実などが関係してますし、コンピューター自体の処理速度も格段に進歩し続けています。

そのため予測分析にかかるコストも年々下がってきており、あわせてツールの普及も進んでいることなどから、高度な分析を一般企業が行うようになっています。

まとめ

技術の発展は分析の精度を上げるだけでなく、企業間競争の激化も生んでいます。競争相手もグローバル化しつつありますし、経済状況の厳しさも増しているのです。そのような状況下、一企業が生き残り、長く活動を続けていくためには競合他社との差別化が必要です。
また、最適な企業運営を行い、低コスト、低リスクかつ効率的に利益を生み出すことも求められています。これらを遂行するためにも、予測分析が必要なのです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM
その他

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM

NTTドコモが2026年3月にiモードとFOMAのサービスを終了 歴代の400台以上のガラケーが登場し、iモード全盛期のあるあるやトレンドを盛り込みながら、当時のガラケー視点でガラケーが人と人とを繋いだ思い出を振り返...
リアル店舗でアプローチインストアメディア事例
国内の広告

リアル店舗でアプローチインストアメディア事例

スーパーの店内で流れているサイネージを見て、その日の夕食で何を作るかを決めてしまう時がよくある。 それだけではなく、ファミレスに入ってメニューをオーダーした後、運ばれてくるのを待っているタイミングでQRをかざしてアプ...
ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?
国内の広告

ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?

日本は海外ほどアートが身近ではなく、実際に市場規模は世界以上の3%程度にしか過ぎないといわれている。しかし近年、空き壁を利用したアート広告がにわかに脚光を浴びつつある。 はたしてビルの空き壁を利用した「アート広告」と...