プレディクティブ・アナリティクス Predictive Analytics

正式名称:Predictive Analytics

予測分析(Predictive Analytics)は、機械学習などを活用してデータを解析し、将来の結果を予測することを指します。

特に近年では、ビッグデータを使ってのマーケット動向の予測が注目を集めています。膨大なデータを用いることによりその精度を高め、顧客が起こす未来の消費行動などを見極めようとしています。

膨大なデータを処理するためには高度な技術を要するので、一企業が予測分析を導入することは容易なものではありませんでした。しかし昨今では、機械学習やAI技術も発達し、企業向けの実用化が進んでいます。

こうした需要の増加は、AI技術のみならず、ほかにもさまざまなことが要因として考えられます。

例えばストレージや解析に関する技術の発展、分析ツールの充実などが関係してますし、コンピューター自体の処理速度も格段に進歩し続けています。

そのため予測分析にかかるコストも年々下がってきており、あわせてツールの普及も進んでいることなどから、高度な分析を一般企業が行うようになっています。

まとめ

技術の発展は分析の精度を上げるだけでなく、企業間競争の激化も生んでいます。競争相手もグローバル化しつつありますし、経済状況の厳しさも増しているのです。そのような状況下、一企業が生き残り、長く活動を続けていくためには競合他社との差別化が必要です。
また、最適な企業運営を行い、低コスト、低リスクかつ効率的に利益を生み出すことも求められています。これらを遂行するためにも、予測分析が必要なのです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM
その他

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM

NTTドコモが2026年3月にiモードとFOMAのサービスを終了 歴代の400台以上のガラケーが登場し、iモード全盛期のあるあるやトレンドを盛り込みながら、当時のガラケー視点でガラケーが人と人とを繋いだ思い出を振り返...
「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
繁華街の風物詩「アドトラック」の裏側と知られざる戦略とは
比較・紹介

繁華街の風物詩「アドトラック」の裏側と知られざる戦略とは

「バ~ニラバニラバ~ニラ求人♪」や「職業イケメン」などの広告ビジョンを掲げ、時には大音量を鳴らしながら走る『アドトラック』を見たことがない人はいないのではないだろうか。 耳に残る大きな音量と、迫力あるビジュアルは、何...