プロダクトアウト Product-out

正式名称:Product-out

プロダクトアウトとは、企業側の技術や考え方、販売の戦略を中心に製品やサービスを市場に出していくことを指します。

つまり、製品ありきでの販売戦略、「製品を作ってからその売り方を考える方法」ということができます。

プロダクトアウトは大量生産に代表される従来の事業のやり方でしたが、大量生産・大量消費の時代が終わったことにより、
顧客のニーズの多様化などによって、企業側視点による作り手・売り手による独りよがりな商品やサービスは受け入れられなくなってきた現状があります。

つまり、プロダクトアウトの考え方だけによる商品開発を行っていては商品が売れなくなったことが背景にあります。

プロダクトアウトによる製品ありき、売り手主導の考え方が市場に受け入れられなくなってきたことから最近では消費者視点、市場のニーズを重視する考え方の「マーケットイン」という考え方が受け入れられるようになってきました。

しかし、マーケットインによる考え方だけでは画期的な商品を生み出す製品開発を行うことはできません。

市場に存在しない新しい商品やサービス、革新的な開発についてはプロダクトアウトの考え方が必要であり、企業側が積極的に市場、消費者に対して提案していく必要があるのです。

まとめ

プロダクトアウトとマーケットインは比較されるのではなく、その両方の視点から商品開発を行っていくことで市場に受け入れられる商品・サービスを生み出していくことができると考えられます。以上、プロダクトアウトの意味になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

タクシーの窓に広告を配信!日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」がすごい
国内の広告

タクシーの窓に広告を配信!日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」がすごい

タクシーの窓に、広告を流すサービスをご存じだろうか。下の画像のように「車窓」に広告を配信できるのだ。 今回は2021年6月にリリースされた、日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」をご紹介する。 窓に動画ってどう...
屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...
バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは
国内の広告

バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは

田舎で生まれ育った私は、当時テレビのニュースやバラエティで紹介されるお店や限定商品はどれも異世界のモノだと思っていた。 「あ~あの施設の中はどうなってるんだろ?」「あの商品って一番近くでどこで買えるんかな」そんな風に...