プロダクトコーン プロダクトコーン

正式名称:プロダクトコーン

プロダクトコーンは、商品の特性、性格を明確に定義するために商品を表す3つのタイプを指した用語を指します。

ここでいうタイプは、規格、ベネフィット、エッセンスです。これら3つのタイプを明確にして商品の特性、性格を明確に表していきます。

3タイプのプロダクトコーン

タイプ1:規格

まず、プロダクトコーンの一番下に来る「規格」とは、企業側による商品の定義です。

商品やサービスを提供するための定義と呼ぶこともでき、例えば、食品の場合なら容量や生産に必要な材料を決めることになります。

市場の消費量が旺盛であれば、プロダクトコーンの規格通りに商品・製品を生産していくことでモノを売ることが可能になっていきます。

タイプ2:ベネフィット

プロダクトコーンにおいて、規格の1つ上にある要素が「ベネフィット」です。

商品や製品を生産していく上での規格が決まったら、次に魅力的な商品にするための「ベネフィット」を加えていく必要があります。

商品を利用する消費者、顧客が求めるニーズ、生活者が得するコト・モノがプロダクトコーンの2番目に来る要素、「ベネフィット」ということになるのです。

プロダクトコーンを構成する要素3:エッセンス

そして、プロダクトコーンの三角錐の一番上に来る要素が「エッセンス」です。

エッセンスは商品の特性や性格のことを表していて、商品のブランド力がエッセンスによって決まってくることになります。

まとめ

時代の流れによって、プロダクトコーンの要素、規格、ベネフィット、エッセンスは次々に変化していくことになります。

プロダクトコーンによるプロダクトコーン理論をしっかり理解することで、企業は自社が提供している商品やサービスにおいて、新たな開発をしていくことができるようになります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?
その他

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?

近年、防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」を設置したエレベーター数が増加傾向にある。エレベーター内で音声付きの動画広告を配信することで、月間8,000万人以上へのアプローチが可能になるという。 今...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告
国内の広告

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告

交通広告では、いかにインパクトがあり見る人の印象に残るかが重要で、その工夫の仕方も十人十色だ。 「アンメルツ」と言えば「ヨコヨコ」。CMの影響で、この2つのワードが対で脳内にインプットされている人も多いはずだ。 そん...