ベイジアンネットワーク Bayesian Network

正式名称:Bayesian Network

ベイジアンネットワークは、18世紀の数学者であったトーマス・ベイズの定理を基礎にしている推論のモデルで、他の種類の統計解析と比較した場合に、無限ともいうことのできる変数を計算することができるモデルを指します。

ベイジアンネットワークはこれからの未来予測に最も使われることも期待されるモデルです。

たとえば、人工知能のアルゴリズムに採用されるなど、ベイジアンネットワークが多くを占める勢いだとも言われています。

人間の行動予測や異なる人格間のマッチングの最適化、多種多様な要因が複雑に絡み合っている事象の将来予測など、これらは不確実で絶えず変化をしているので、数式で表現するのが非常に困難な事象・確率になります。

具体例を出すとすれば、優秀な販売スタッフは、お得意様の過去の購買履歴や個人的な嗜好、最近の興味や流行から「この商品をセールスすればきっとお得意様は買ってくれるだろう」という見込み・予測を立てて販売を行っていきます。

また、見込みの顧客が商品を購入してくれなくてもセールスの時のお得意様の様子、やり取りから購買に至らなかった要因を見つけ、「次はもっと的確な商品をセールスしよう」など、接客やセールスのレベルを向上させることができます。

まとめ

IT技術の進歩によって、人工知能への採用など、ベイジアンネットワークの活用が様々な分野で期待されています。

ベイジアンネットワークという予測モデルは今後のビジネス、マーケティングにおいても非常に重要な未来予測、未知数の予測のモデルの1つになるでしょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

電柱広告とは?メリットや料金を解説!
国内の広告

電柱広告とは?メリットや料金を解説!

街中を歩いている際に、電柱に巻きつけられた広告を見たことがある人は多いだろう。電柱広告は屋外広告の一種で、一般的には歩行者や車の運転手を目的地へと誘導する役割を果たす。今回は、そんな電柱広告のメリットや料金について解...
日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始
国内の広告

日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始

昨年、様々な場所で話題となったNFTはデジタルの世界でそのものの唯一性を担保できる技術である。その利用用途としては、デジタルコンテンツを数量限定・供給を制限して配布することが現在の主要な用途ではある。一部、リアルな世...
紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目
国内の広告

紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目

2021年10月より、Gratify(グラティファイ)という広告サービスがリリースされた。 紙コップに広告を載せるサービスなのだが、慈善団体への寄付や、社会問題解決へフォーカスを当てていることも特徴だ。 お得で優しい...