ベイジアンネットワーク Bayesian Network

正式名称:Bayesian Network

ベイジアンネットワークは、18世紀の数学者であったトーマス・ベイズの定理を基礎にしている推論のモデルで、他の種類の統計解析と比較した場合に、無限ともいうことのできる変数を計算することができるモデルを指します。

ベイジアンネットワークはこれからの未来予測に最も使われることも期待されるモデルです。

たとえば、人工知能のアルゴリズムに採用されるなど、ベイジアンネットワークが多くを占める勢いだとも言われています。

人間の行動予測や異なる人格間のマッチングの最適化、多種多様な要因が複雑に絡み合っている事象の将来予測など、これらは不確実で絶えず変化をしているので、数式で表現するのが非常に困難な事象・確率になります。

具体例を出すとすれば、優秀な販売スタッフは、お得意様の過去の購買履歴や個人的な嗜好、最近の興味や流行から「この商品をセールスすればきっとお得意様は買ってくれるだろう」という見込み・予測を立てて販売を行っていきます。

また、見込みの顧客が商品を購入してくれなくてもセールスの時のお得意様の様子、やり取りから購買に至らなかった要因を見つけ、「次はもっと的確な商品をセールスしよう」など、接客やセールスのレベルを向上させることができます。

まとめ

IT技術の進歩によって、人工知能への採用など、ベイジアンネットワークの活用が様々な分野で期待されています。

ベイジアンネットワークという予測モデルは今後のビジネス、マーケティングにおいても非常に重要な未来予測、未知数の予測のモデルの1つになるでしょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...
レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略
国内の広告

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略

ファミリーマートのレジ上のスペースに徐々にデジタルサイネージが設置されつつあるのをご存じだろうか。2022年春までに3,000店舗に導入。そして3年以内に設置可能な全店舗への導入を目指しているという。今回はファミリー...
涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?
国内の広告

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?

小説やマンガ、映画などのコンテンツを見て、感動のあまり思わず泣いてしまった経験のある方は多いのではないだろうか。 目が潤んで涙が溜まると、視界がぼやけるだろう。 広告のなかには、そのような涙が溢れて視界がぼやけた様子...