法人営業 Business to Business(BtoB)

正式名称:Business to Business

BtoBとはBusiness to Businessと省略した言葉で、企業(法人)から企業(法人)への企業間取引を指した言葉を指します。

一般的な消費者を相手にするのではなく、企業・法人を相手にした取引になるので、BtoBでのマーケティングでは購入などの意思決定をする権利(決裁権)を持った意思決定者が複数いることがあります。

また、製品やサービスの購入を決めた人と実際に製品やサービスを利用する人が異なるケースも数多く存在します。

そのため、BtoBでのマーケティングでは個人の消費者を対象としたBtoCの取引やマーケティングとは異なる手法やアプローチが求められます。

BtoBの取引では企業の生産活動や業務に必用な取引となりますので一般的な個人の消費者を相手にしたBtoCの取引よりも金額、商品の量、ともに数値が大きくなるので、規模の大きな取引となります。

また、BtoBでは複数の意思決定者によって購買の決定がされることもあるので、マーケティングから成約までの期間が長くなってしまうことが多くあります。

そのため、一般的な個人の消費者を相手にしたBtoCよりもBtoBの場合には長期的な取引になることが多くなります。

まとめ

BtoBでの取引では一般的な消費者向けのマーケティングや取引とは異なる点が多くあります。

BtoBにおいて重要なポイントを押さえることがBtoBのビジネス、マーケティングを成功させるために必要です。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始
国内の広告

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。 可愛らしくも、迫力ある映像だ。現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。 落とさないで! クロス新宿ビジョン(運営:株式会社...
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...
サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...