マーケティングオートメーション Marketing Automation

正式名称:Marketing Automation

マーケティングオートメーション(MA)とは「顧客開拓におけるマーケティング活動を可視化・自動化」する一連のプロセスを指し、それらを実現するツールのことをマーケティングオートメーションツールと呼びます。

見込み顧客自身の固有情報や各種情報の一元管理、育成を行い、さらにはホットリード(購買意欲の高い見込み客)の絞り込みまでの活動を自動的(効率的)に行うことで、生産性を向上させる役割を果たします。

 新規顧客を開拓するには、それぞれの見込み客が持っている興味や関心、その行動に対して「最適な情報」を「最適なタイミング」「最適な方法」で提供するマーケティング活動が求められます。しかし、全て人力で行うことは現実的ではありません。そこでマーケティングオートメーションツールがとても役に立つのです。

マーケティングオートメーションの目的は、商談を増やし、収益を増加させることです。具体的には、的確なアプローチにより購買意欲を向上させたり、属人性を排除することです。

マーケティング部門は、見込み客を見つけて営業に引き継ぎますが、マーケティングオートメーションを利用すれば顧客の購買意欲を的確に高められ、営業の成功率が向上します。また、自動化することで漏れやミスがなくなるため、商談数や成約率が上昇します。

まとめ

マーケティングオートメーションとは、マーケティングに必要な業務を自動化し、商談数と収益を増やすことです。市場の変化や企業のマーケティング力不足により普及が進みましたが、すべてをシステムに一任できないことには注意しましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

Netflixはコンテンツもコミュニケーションもはずさない。Netflixの広告事例
国内の広告

Netflixはコンテンツもコミュニケーションもはずさない。Netflixの広告事例

Netflixのコンテンツはいつもとても充実している。 更新されるものは全てはずさないし、ちょこちょこ値上がりしていることも気にならないほど、利用者としては満足している。 Netflixの利用者が継続して存在し続けて...
クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...
社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...