メッセージインテグレーション Message Integration

正式名称:Message Integration

メッセージインテグレーションとはメッセージの集積、メッセージを積み上げることを意味するマーケティングの用語になります。

メッセージインテグレーションの目的は、継続的にメッセージを発信し続けることで相手との関係を構築し、認知され、受け入れられることです。

メッセージインテグレーションのインテグレートには「集積」や「積層」という意味がある言葉ですので、「積み重ねる」ことの意味に捉えることができます。

つまり、メッセージインテグレーションには、起業がメッセージを発信することで、ターゲットとなる消費者や顧客の中に戦略的にメッセージを積み重ねていく手法になります。

そのため、戦略的にターゲットとなる顧客の意識の中にメッセージを積み重ねていく手法のメッセージインテグレーションはブランディングにおいて非常に有効なマーケティングの手法となるのです。

メッセージインテグレーションの中にヘビーローテーションという手法があります。ヘビーローテーションは、特にアメリカで好まれて使用されるメッセージインテグレーションの手法です。

一定期間の中で特定のターゲット集団に対して表現やチャネルを変えながら繰り返し同じメッセージを発信していくメッセージインテグレーションです。

まとめ

メッセージインテグレーションでは、ヘビーローテーションの手法をはじめ、継続的に繰り返しメッセージを送ることが重要になります。重要なポジショニングをするためにもメッセージインテグレーションは非常に有効な手法となります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

繁華街の風物詩「アドトラック」の裏側と知られざる戦略とは
比較・紹介

繁華街の風物詩「アドトラック」の裏側と知られざる戦略とは

「バ~ニラバニラバ~ニラ求人♪」や「職業イケメン」などの広告ビジョンを掲げ、時には大音量を鳴らしながら走る『アドトラック』を見たことがない人はいないのではないだろうか。 耳に残る大きな音量と、迫力あるビジュアルは、何...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
すみっコぐらしが大田区をジャック!地域と連携した初のイベント
国内の広告

すみっコぐらしが大田区をジャック!地域と連携した初のイベント

とにかくすみっこが好きという後ろ向きなキャラクターたちが人気の「すみっコぐらし」。今回は、9月5日からスタートした「すみっコぐらし×けいきゅう&はねだくうこう in おおたく『東京都のすみっこ大田区で10周年お祝いキ...