リスティング広告 Listing Advertisement

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告になります。ある特定のキーワードに対して広告を表示させることができ、そのキーワードをユーザーが検索している関心が高いときに広告が表示されるため、コンバージョン率が高くなりやすいのが特徴です。

リスティング広告が表示される場所は、主に検索結果の上部と下部で、国内のリスティング広告には「Google広告(旧:Google AdWords)」と、Yahoo!の「検索広告」の2つがあります。

リスティング広告は、Webマーケティングにおいて重要な役割を担うと考えられており、どんな商品・サービスであっても、リスティング広告を上手に使えば、売上を向上させることが可能です。

リスティング広告の最大の特長は「特定のキーワードで検索したユーザーに対して、検索した瞬間に広告を表示できる」ことです。ユーザーは、検索キーワードに関しての何らかのニーズを持っていて、その答えを探すために検索しています。ここが重要なポイントです。

例えば、「業務 効率化」と検索したユーザーは「業務を効率化したい」というニーズを持っていて、その答え(解決策)を探すために検索しています。

検索した瞬間に、ユーザーが欲しがっている答え(解決策)を広告テキストとして表示させれば、ユーザーは「自分が求めている答えはコレだ!」と判断して、広告をクリックします。

つまり、リスティング広告を使えば、ある特定のキーワードで検索して解決策を欲しがっている、購買意欲の高い見込み挙客に直接アプローチができるのです。

まとめ

リスティング広告の平均予算・費用相場は、数十万〜数千万円以上まで幅広いものですが、リスティング広告を初めて行う場合には、10万円〜30万円程度からスタートして、徐々に投資額を増やしていくのがおすすめです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

リアル店舗でアプローチインストアメディア事例
国内の広告

リアル店舗でアプローチインストアメディア事例

スーパーの店内で流れているサイネージを見て、その日の夕食で何を作るかを決めてしまう時がよくある。 それだけではなく、ファミレスに入ってメニューをオーダーした後、運ばれてくるのを待っているタイミングでQRをかざしてアプ...
テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵
国内の広告

テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵

コロナ禍になりテレワークが浸透し始め、駅構内やビルの一角などあらゆる所にテレワーク用個室ができ始めた。 今となっては大して気にならないが、出はじめた当初は「どうやって使うものなのか」とそわそわしていたことも記憶に新し...
SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介
国内の広告

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味。「持続可能な」を目標に全国自治体は取り組む。 具体的な目標は17種類。日本各地の取り組みに注目してみる。17の目標をより視覚的に訴えるためのロゴを見かけることも多くなった。...