リレーショナルデータベース RDB

正式名称:Relational Database

リレーショナルデータベースとは、データベースで1件のデータをキー項目として、その項目に複数のテーブルが関連づけられているデータベースの方式のことを指します。

関連付けた表のデータは結合や抽出が簡単にできることで効率的にデータを管理でき、さらにデータが壊れにくいというメリットがあるとされています。現在では、中小規模のデータベースにおいて最も一般的なデータベースとなっています。

リレーショナルデータベースには、代表的なものとしてPostgreSQL、ORACLE、MS-ACCESS、MS-SQLというものが存在しています。例えば、SQLによるアクセス機能というものがあり、条件指定、ソートといった高度な検索をすることが可能となっています。また、排他制御機能というものもあり、これは行単位やファイル単位のロック機能によって排他制御ができるというものです。トランザクション管理機能というものもあり、これはトランザクション単位の更新または復帰といったことが可能となります。

まとめ

RDBに基づくデータを活用したマーケティングでは、顧客の属性や過去の取引履歴、DMの発送記録情報など顧客に関するデータや情報を一元的に管理、蓄積し、マーケティング効率を高めることができます。事業を成長させるためにデータ活用は大切な要素であり、データに基づいた戦略を策定することで、より効果的なアクションが取れるようになるでしょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例
海外の広告

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例

多くの企業が「サスティナビリティ」を当たり前のように叫ぶ時代に突入している。今や、「持続的な社会とは何か?」ということが日々当たり前のように問われるようになった。 しかし、それを消費者目線で分かりやすく発信している企...
本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!
その他

本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!

街中に掲載される企業の広告には、自社の商品やサービスを広く世に知らしめ、ユーザーの購買意欲を高める目的がある。 しかし近年、異なる企業がまるで対話を繰り広げるかのような広告を出すケースが増え、話題を集めている。 今回...
バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは
国内の広告

バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは

田舎で生まれ育った私は、当時テレビのニュースやバラエティで紹介されるお店や限定商品はどれも異世界のモノだと思っていた。 「あ~あの施設の中はどうなってるんだろ?」「あの商品って一番近くでどこで買えるんかな」そんな風に...