リード Lead

リードとは、いわゆる見込み顧客のことを指します。リードの定義はそれぞれの企業によって変わりますが、「自社や自社の提供する製品・サービスに多少の興味を示している」「何らかの接点を持っており、アプローチすることができる」ような場合にリードと呼ぶことができるでしょう。逆に言えば、自社について全く知らない顧客層や、自社の提供する製品・サービスに興味がない顧客層はリードとは呼べません。

リードの分類

リードはプロセスに応じて、いくつかに分類することができます。

①Inquiry

Inquiryとは「問い合わせ」段階にいるリードのことを指します。
潜在顧客のうち、自社のホームページに訪問した上で、製品やサービスに興味を抱き、資料請求などの問い合わせをしてきた顧客のことです。

②MQL

MQL(Marketing Qualified Lead)は、マーケティング施策で獲得したリードのことです。
セミナーや展示会、各種Web広告からの獲得は勿論、Inquiryで獲得したリードに様々なコンテンツを提供することで、MQL化させるケースもあります。

③SQL

SQL(Sales Qualified Lead)とは、商談設定や提案といった営業アプローチをかけていく段階にいるリードを指します。

④Close

Closeはすでに商談などを終えて、契約を取り交わす段階にいるリードのことです。

まとめ

リード、つまり潜在的な顧客はオンライン上に大量に存在します。したがって、例えば、営業がコンタクトを取る前のデジタル領域の自社のプレゼンスの質は、リードマーケティングを成功させるうえで重要性が増しているといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
【2022年度版】飲食店の空きスペースで収益化!活用事例6選
比較・紹介

【2022年度版】飲食店の空きスペースで収益化!活用事例6選

飲食店が四六時中活用されているとも限らない。 飲食店としてオープンしている店舗の傍らの空きスペースが目立つ店舗もある。 最近では、飲食店の空きスペースを活用し、新たな収入を得ている店舗が増えてきている。 飲食店の空き...
先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。
国内の広告

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。

未曾有のウイルスによって私たちの生活はこの1~2年で大きく変わった。 外出もできず、広告を行うこともなんとなく躊躇われた時期もあった。 だけど、そんな時期だったからこそ前向きな、メッセージ性の強い広告がたくさん生まれ...