ルールベイスドマーケティング Rule Based Marketing

ルールベイスドマーケティングとは、あらかじめルールを設定しておき、そのルール、定義に合致した消費者・顧客に対してアクションを起こすマーケティングのモデルになります。AmazonやGoogleでもこのルールベイスドマーケティングを応用していて、また、B to Bでも威力を発揮すると言われているロジカルなマーケティングの手法です。

ルールベイスドマーケティングはWebマーケティングの一種でツールやテクノロジーを利用して行われます。

たとえば、Webサイトでの顧客の購買データをデータマイニングツール(大量のデータを解析できるツール)で解析し、その顧客が過去に購買した商品のデータから関連性の高い商品、購買されやすい商品を見つけていきます。

インターネット通販サイトの大手と言われているAmazonで買い物をしていて、自分がこれまでに購入した商品に関連している商品がトップページに表示されて、「この商品もおすすめ」などと表示されたことはありませんか?

実は、Amazonが利用しているこのマーケティング方法もルールベイスドマーケティングを応用したものです。

私たちの過去の膨大な購入履歴というデータから顧客が次に買うであろう、欲しがるであろう商品を、ルールに基づいて表示しています。

まとめ

ルールベイスドマーケティングはインターネットショッピングなどで高い効果を発揮するマーケティングの手法です。過去の取引データが大量にある場合には、データマイニングツールなど、大量のデータを解析できるツールを導入し、ルールベースドマーケティングを行うことで、売上、利益の改善につなげることができると考えられます。ぜひ、参考にしてください。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介
国内の広告

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味。「持続可能な」を目標に全国自治体は取り組む。 具体的な目標は17種類。日本各地の取り組みに注目してみる。17の目標をより視覚的に訴えるためのロゴを見かけることも多くなった。...
ロッテ「バレンタインのせいにして。」スマホ視聴最適、縦型動画ショートムービーを展開
国内の広告

ロッテ「バレンタインのせいにして。」スマホ視聴最適、縦型動画ショートムービーを展開

従来バレンタインデーと言えば、「好きな人に想いを届ける日」「手作りチョコレートを作る日」 例年「Ghana」チョコレートで、バレンタインらしいキャンペーンを実施してきた。しかし、今年は固定観念に囚われずもっと自由にバ...
サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例
海外の広告

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例

多くの企業が「サスティナビリティ」を当たり前のように叫ぶ時代に突入している。今や、「持続的な社会とは何か?」ということが日々当たり前のように問われるようになった。 しかし、それを消費者目線で分かりやすく発信している企...