レギュレーション Regulation

レギュレーションはマーケティングの文脈では「掲載するクリエイティブに関するルール」と考えられます。例えば、Webサイトに掲載する広告に関するレギュレーションなら、掲載する広告のバナーサイズ、アニメーションの長さ、他にも演出効果に関して言及することがあります。

大手ポータルサイトやキュレーションサイトなどの場合、このレギュレーションに関して細かい制限や厳格な基準を設けることで掲載する広告を審査し、厳しく管理することが多くなっています。細かいレギュレーション、厳しいレギュレーションを定めることで自社に掲載される広告の品質・クオリティを高く保ち、ユーザーからの信頼性を保つことができるのです。

例えば、アニメーションに関するレギュレーションなら「マウスの動きを模倣する(真似する)ようなアニメーションが含まれる場合は5秒以内に抑えること」などユーザーのアクション・動作を誘導することにつながるアニメーションに関して規制するためにレギュレーションが設けられていることがあります。

他にも、「背景がストロボのような点滅を繰り返す広告は掲載できない」など、閲覧しているユーザーが不快に感じる広告を規制するレギュレーションが設けられている場合があります。

このようなレギュレーションをあらかじめ設定しておくことでユーザーから反感をかってしまう可能性を排除して少しでもクレームなどのリスクを減らすことができます。

まとめ

特に大手のWebメディアや有名なポータルサイト、キュレーションサイトの場合、ユーザーからの信頼が失墜してしまえばPV(ページビュー)やUU(ユニークユーザー)の減少につながるので、厳格なレギュレーションを定めることは収益を守る上でも重要になってきます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

風呂とビールは相性がいい。銭湯跡地を活用した、日本初 銭湯ブルワリー
面白い広告

風呂とビールは相性がいい。銭湯跡地を活用した、日本初 銭湯ブルワリー

大阪府大阪市東淀川区の銭湯跡地をリノベーション 2018年に廃業してしまった御幸温泉跡地にて、クラフトビール工場をやっている会社「株式会社上方ビール」元々は銭湯でビール工場を開始しようという目的ではなく、場所を探して...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
電車広告が毎回話題!すみだ水族館・2022年はペンギン相関図
その他

電車広告が毎回話題!すみだ水族館・2022年はペンギン相関図

交通広告を代表する広告メディア『電車広告』通勤や通学と幅広いターゲット層へアプローチが可能な広告として広く活用されている。 特に電車を丸ごとジャックした電車広告は、SNS上でも度々話題となるケースが多く、その電車を使...