消火栓広告 消火栓広告

正式名称:消火栓広告

消火栓広告は消火栓標識と一体的にデザインされた品格と公共性を備えた横型長方形の形状をした屋外看板を指します。

周辺住民の方を始め、街を行き交う不特定多数の人々、周辺を走行する車両ドライバーに向けて訴求が可能な媒体です。

ほかの障害物に隠れる事なく、 消火栓に対し両方向からの歩行者や車両ドライバーに対し効果的です。

消火栓広告は1本あたりの広告料が月額数千円単位で、屋外広告の中では最も安価な部類の看板広告となりますので、 低予算での広告展開や広告は初めてといったお客様にお薦めの広告媒体といえます。

その広告料の安さから最寄の駅から店舗周辺までに間に複数本を掲出され、店舗までの誘導を目的とした道案内広告で利用されることが多いです。

また1年契約が基本掲出期間となるので、長期契約となるのが特徴的で、コストパフォーマンスにも優れた屋外広告ともいえます。

消火栓広告は公共の標識を利用した特殊な広告手法ですが、広告スペースとして公共の標識を利用することで得られるメリットも多いため、意外と知られていない広告効果の高い広告手法の1つといえます。

まとめ

消火栓広告は消火栓標識の真下に看板広告を掲出する広告です。

消火栓標識は赤いポールに赤い標識と、緊急時にも街中で目立つようにデザインされており、そのため消火栓広告は、看板広告の内容に関わらず視認性の高い広告宣伝となる点がメリットの1つです。

また、同じ公共性がある媒体である電柱広告よりも高さが出せるため、長距離からの視認性が高く、歩行者のみならずドライバーにも広く広告をリーチする事ができると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【2023年度版】飲食店の空きスペースで収益化! 活用事例18選
比較・紹介

【2023年度版】飲食店の空きスペースで収益化! 活用事例18選

飲食店が四六時中活用されているとも限らない。 飲食店としてオープンしている店舗の傍らの空きスペースが目立つ店舗もある。 最近では、飲食店の空きスペースを活用し、新たな収入を得ている店舗が増えてきている。 飲食店の空き...
【2022年版】コインパーキングの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年版】コインパーキングの空きスペースで収益化!活用事例6選

コインパーキングはスペース活用にも有効な活用法であり都心部でも多く見られるようになった。 一方で、コインパーキングがなかなか全て埋まるほど利用されていないケースもあり、管理側からすると大きな問題になっている。 ここで...
ユニークでレトロな銭湯の鏡広告が面白い!
国内の広告

ユニークでレトロな銭湯の鏡広告が面白い!

銭湯の洗い場にある鏡に掲示された広告を「鏡広告」という。 銭湯数の減少に伴い、鏡広告の需要も減りつつあるなか、近年、大阪の銭湯「千鳥温泉」の鏡広告がテレビやネットで取り上げられ、話題を集めている。 鏡広告とはいったい...