消火栓広告 消火栓広告

正式名称:消火栓広告

消火栓広告は消火栓標識と一体的にデザインされた品格と公共性を備えた横型長方形の形状をした屋外看板を指します。

周辺住民の方を始め、街を行き交う不特定多数の人々、周辺を走行する車両ドライバーに向けて訴求が可能な媒体です。

ほかの障害物に隠れる事なく、 消火栓に対し両方向からの歩行者や車両ドライバーに対し効果的です。

消火栓広告は1本あたりの広告料が月額数千円単位で、屋外広告の中では最も安価な部類の看板広告となりますので、 低予算での広告展開や広告は初めてといったお客様にお薦めの広告媒体といえます。

その広告料の安さから最寄の駅から店舗周辺までに間に複数本を掲出され、店舗までの誘導を目的とした道案内広告で利用されることが多いです。

また1年契約が基本掲出期間となるので、長期契約となるのが特徴的で、コストパフォーマンスにも優れた屋外広告ともいえます。

消火栓広告は公共の標識を利用した特殊な広告手法ですが、広告スペースとして公共の標識を利用することで得られるメリットも多いため、意外と知られていない広告効果の高い広告手法の1つといえます。

まとめ

消火栓広告は消火栓標識の真下に看板広告を掲出する広告です。

消火栓標識は赤いポールに赤い標識と、緊急時にも街中で目立つようにデザインされており、そのため消火栓広告は、看板広告の内容に関わらず視認性の高い広告宣伝となる点がメリットの1つです。

また、同じ公共性がある媒体である電柱広告よりも高さが出せるため、長距離からの視認性が高く、歩行者のみならずドライバーにも広く広告をリーチする事ができると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告
海外の広告

あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告

最新!インドのデジタル広告市場がすごい なにやら、インドの高成長がすごいらしい。。 インドのGDP(国内総生産)は2030年日本の3倍、2050年には日本の5倍に成長し、インドの人口は日本の12倍! 世界2位の13億...
お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法
国内の広告

お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法

お店としての売り上げにくわえて、少しでも収益を上げる方法はないかと頭を悩ませている方もいるのではないだろうか。そんな方におすすめしたいのが、お店の空きスペースを有効活用する方法だ。近年はお店の空きスペースを貸したい人...
渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!
国内の広告

渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!

2022年末4月末より、渋谷・宮益坂下エリアで新しいデジタルサイネージ広告がはじまる。 全部で7面の超巨大広告だ。 今回は株式会社ヒットが設置した屋外広告「シンクロ7シブヤヒットビジョン」についてご紹介する。 7面が...