電柱広告 電柱広告

正式名称:電柱広告

電柱広告とは、既に設置されている電柱に直接取り付ける金属製の広告を指します。

通行人やドライバーなどへの視認性が高いため、実店舗への誘導や認知向上を行う際、費用対効果の期待できる広告手法の1つです。

あまり知られていませんが、電柱広告はデザイン制作から設置・管理までワンストップで実施が可能なため、利用する企業にとっては検討段階から運用開始までの手間が少ない広告手法と言えます。

電柱広告は、車道を走るドライバーや遠くの人への視認性が高い袖広告と、歩行者の目線に入る位置に広告が掲出可能な巻広告の2種類に分類されます。

どちらの電柱広告もその他の屋外広告とは比較にならないほど低コストで広告出稿が可能なため高い費用対効果が期待できます。

電柱広告のメリット

不特定多数の人にリーチできる

電柱広告は公道に設置されている電柱に直接広告を掲出するため視認性の高さが最大の特徴です。電柱広告の大多数が実店舗への誘導広告で、店舗への誘導に加えて地域住民への認知度向上に効果が期待できます。

主に消費者が車で来店する大型店舗では袖広告(掛広告)、徒歩や自転車での来店が多い商店では巻広告と、自社の店舗規模や取り扱っているサービス・商品によって出稿形態を選定することでより高い広告効果が得られます。

低価格で実施可能である

不特定多数の人へリーチできる広告手法は電柱広告以外にも数多く存在します。他の広告とは異なる電柱広告の良さは、とにかく低コストで広告出稿が可能な点です。

電柱広告は、デザインから広告作成、設置までの初期費用も破格の安さですが、月額(年額)の費用もその他の屋外広告に比べると格安で広告掲出が可能です。

広告を掲出する地域によって多少前後しますが、初期費用としてデザイン費を含む製作費が1~2万円、東京都23区内でも一部地域を除いて1本3,000円台/月での広告掲出が可能。東京都以外の地域では、1,500~2,000円台/本での広告出稿が可能な地域がほとんどです。

電柱広告は地域に数本まとめて広告掲出することでより高い効果を発揮するため、1本あたりのコストが低いこともあり、実店舗の商圏にまとめて広告出稿を検討する企業も多いようです。

実店舗への誘導がしやすい

電柱広告は地域住民への認知度向上に関して非常に高い費用対効果を発揮します。

広告内容に制限はあるものの、非常に低コストで長期契約が可能です。

契約後は電柱広告の補修なども適宜行ってくれるため、長期間の広告出稿でも安心。電柱広告は、長期間、手間をかけずに誘導広告を掲出し続けることが可能な数少ない屋外広告と言えます。

質屋の電柱広告。歩行者はもちろん、近くまで来たけど迷ってしまったドライバーにも分かりやすい高さに設置されています。

まとめ

公共性があり、地域密着の広告である「電柱広告」。

長期契約であったり、デザインで規定等があったりはしますが、低価格で地域住民を中心に幅広くリーチが可能です。

道案内としての意味合いも強く、カーナビではカバーしにくい細い路地への案内もしやすい点は電柱広告ならでは特徴です。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

バーバリーのキャンペーン映像が圧巻。BURBERRY OPEN SPACES
海外の広告

バーバリーのキャンペーン映像が圧巻。BURBERRY OPEN SPACES

想像力の自由を探究する旅を表現した、新しいキャンペーン「BURBERRY OPEN SPACES」を発表した。(2021/10) クリエイティブ&フィルムディレクションとして、今多くのブランドやアーティストが...
バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観
国内の広告

バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観

メタバースが話題になっているが、仮想空間を実際の都市空間と重ね合わせたバーチャル空間も話題を集めている。 より現実に近い景色をメタバース上で再現することで、より自分ごと化し身近に物事が感じられやすく、都市全体を活用し...
お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法
国内の広告

お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法

お店としての売り上げにくわえて、少しでも収益を上げる方法はないかと頭を悩ませている方もいるのではないだろうか。そんな方におすすめしたいのが、お店の空きスペースを有効活用する方法だ。近年はお店の空きスペースを貸したい人...