郵便局広告 郵便局広告

正式名称:郵便局広告

郵便局広告とは全国各地にある郵便局のスペースを利用して広告宣伝を行う広告手法全般を指します。

取り扱っている広告枠は、郵便局により異なりますが、屋外広告やポスター、パンフレット・チラシの掲示、サンプリングなど多岐に渡ります。

小さな郵便局では1つの広告形態を一社で独占できる可能性もあり、アピール力の高い広告宣伝が可能です。

郵便局に頻繁に通う消費者も多いため、一定期間広告出稿をすることで多くの人に繰り返し見られる効果を期待できるのも魅力の1つです。

郵便局は全国各地に約20,000店舗を構える郵便サービスを提供する施設を持ちます。

日本では2007年まで郵便局は国営の施設であったこともあり、公共性や信頼性の高いイメージを多くの人が持っています。

郵便局の中には預貯金や保険業務を行っている支店もあり、今では郵便局は多くの人の生活を支える重要な施設と言えます。郵便局は幅広い層の消費者が利用しており、中でも40代~60代の来局が多いようです。

郵便局広告は不特定多数の人にリーチできる点が強みです。

言わずもがな郵便局は様々な年齢・性別・職業の人が訪れる生活において重要な施設です。

そのため、地域や時期、郵便局の規模によらずほとんどの郵便局で一定数以上の来局見込めます。

来局者数が多ければ多いほど郵便局広告も、リーチ数の多い広告効果の高い広告宣伝となります。

まとめ

全国各地の支店を抱える郵便局。その郵便局ならではの特性を活かした様々な郵便局広告を紹介しました。

広く知られていないこともあり、多くの企業に利用されている広告手法ではありませんが、低コストかつエリアや消費者属性などでターゲティングも可能な非常に運用しやすい広告手法の1つです。

支店によって対応している郵便局広告の種類は違いますので、これを機に一度最寄りの郵便局で利用可能な郵便局広告について調べてみてはいかがでしょうか。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...
思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...
お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法
国内の広告

お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法

お店としての売り上げにくわえて、少しでも収益を上げる方法はないかと頭を悩ませている方もいるのではないだろうか。そんな方におすすめしたいのが、お店の空きスペースを有効活用する方法だ。近年はお店の空きスペースを貸したい人...