アドワーズ AdWords

正式名称:AdWords

アドワーズとは、Googleが提供するインターネット広告の総称を指します。

アドワーズは2018年7月まで使われていた名称で、現在では「Google広告」という名称に変更されています。

変更されたのは名称なので「アドワーズ=Google広告」と考えて問題ありません。

アドワーズの広告メニューには、検索広告、ディスプレイ広告、動画広告の3種類あり、どれもWebマーケティングにおいて欠かせない重要な広告です。

アドワーズの3つの広告

検索広告

検索広告は、Googleが提供するリスティング広告です。

リスティング広告は別名「検索連動型広告」で、検索エンジン上でユーザーが入力したキーワードに連動した広告が表示されます。

ユーザーの検索キーワードをフックに、ユーザーのニーズという軸でターゲティングできることが、検索広告の強みです。

できるだけ成約に近い、確度の高いユーザーを集客したいときにおすすめの広告が検索広告となります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ上の広告枠に、イメージ広告を掲載できる広告メニューです。

「バナー」で表示されることが多いため「バナー広告」と呼ばれることもあります。

大手メディアから個人ブログまで、さまざまなサイト・アプリの広告枠に、イメージ広告を配信できるのがディスプレイ広告の特徴です。リーチできる裾野が非常に広い広告といえます。

提供する商品・サービスと関連性の高いWebサイトに広告を配信できるため、まだニーズが顕在化していない潜在層へのアプローチ手法としておすすめです。

動画広告

動画広告は、主にYouTubeで動画を視聴したり検索したりする際に表示される広告です。

YouTubeで動画を見ている最中に差し込まれる広告を見たことがあるのではないでしょうか。それが、動画広告になります。

YouTubeは日本の18~44歳だけでも3,000万人以上に利用され、広告配信先として積極的に利用すべき媒体となっています。

まとめ

「Google Adwords」はGoogleが提供するクリック課金型のインターネット広告の総称でした。

Googleの広告アカウントを作成し、管理画面で広告予算やターゲティング設定を行い広告を配信でき、広告の設定は管理画面のみで完結するので出稿の手順は非常に簡単です。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目
国内の広告

ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目

2021年10月21日(木)、東京都は新宿と池袋の大型ビジョンに、Pontaポイントでおなじみのポンタが登場した。 注目したいのは、ポンタが通行人とリアルタイムでコミュニケーションする「ライブ配信」であることだ。 今...
サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...
大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例
国内の広告

大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例

オンラインゲームがアツイ。 飲食店や電車の中、信号待ちの空間でさえ、スマホで必死にゲームをする人を見かけることが増えた。 私の様にオンラインゲームを全くしない層でも、今はやりのゲームについて分かってしまうのは、ゲーム...