アーンドメディア Earned Media

アーンドメディアとは、ソーシャルメディアをはじめ、口コミ情報などを掲載するブログなどを指します。

ペイドメディアが広告費を払って広告を掲載するメディア、オウンドメディアが自社で所有しているメディアで、それら2つのメディアに対してアーンドメディアは顧客からの信頼や評判を獲得するためのメディアと呼ばれています。

企業にとってのアーンドメディアの役割は消費者からの共感を得ることになります。

アーンドメディアで消費者の共感を得るためには消費者の体験情報をきっかけにして良い情報発信の循環を作ることで口コミの連鎖を作っていくことが必要になります。

その際に利用されるのがTwitterやFacebookなどのソーシャルメディア、口コミ情報のブログなどであり、それらのメディアがアーンドメディアということになります。

インターネットやこれらのWebメディアが発展したこともあり現代では1ユーザーとして消費者がアーンドメディアで発信する情報が日々増加しています。

そのため、アーンドメディアは現在は消費者から最も高い信頼を寄せられているメディアであるとも言われています。

アーンドメディアを利用することで自社ブランドの認知度向上や商品の売り上げを伸ばす効果などが期待されています。

まとめ

アーンドメディアには消費者から信頼されるメリットの一方、企業ではコントロールできないというデメリットもあります。

そのため、アーンドメディアをマーケティングで利用する場合、他のペイドメディア・オウンドメディアと連携して利用していくことが大切になります。

アーンドメディア、ペイドメディア、オウンドメディア、それぞれの特徴を理解、把握しておき、マーケティングの目的と用途に応じて最適化することがトリプルメディアを使った成功につながると考えることができます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ
その他

専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ

近年、専用の道具を使わずに立体映像を浮かび上がらせるデジタルサイネージが開発された。より強い印象を人々に与えられるディスプレーの活用により、店頭における販売促進効果が期待されている。今回は、最先端の3Dホログラムサイ...
テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵
国内の広告

テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵

コロナ禍になりテレワークが浸透し始め、駅構内やビルの一角などあらゆる所にテレワーク用個室ができ始めた。 今となっては大して気にならないが、出はじめた当初は「どうやって使うものなのか」とそわそわしていたことも記憶に新し...
【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選
国内の広告

【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選

美容室の空きスペースは方法次第ではさまざまな活用方法ができる。 美容室の空きスペースを活用した事例を紹介していきたい。 シェアサロン 美容室の空きスペースや営業時間外をシェアサロンとして活用する事例もある。 自分の店...