インタラクティブ Interactive

正式名称:Interactive

インタラクティブとは「双方向」を意味する言葉で一方的な情報発信ではなく、相互の情報交換ができるコミュニケーションの形式を指します。

インタラクティブ(Interactive)には「双方向」「対話式」という意味があります。

そのため、インタラクティブといった場合には一方通行ではなく、やり取りができる形式のことを指します。

一般的には、情報発信やマーケティングの手法において企業側が一方的な情報発信を行うのではなく、消費者・顧客との双方向のコミュニケーションを取れる場合を指します。

例えば、キーボードを使い文字を入力しインターネット検索を行ったとします。

そうすると、検索に使ったキーワードに対しての検索結果がパソコンに表示されますが、これは検索キーワードに対してパソコンがインターネットから検索結果を表示したことになり、双方向のやり取りを行ったことになります。

このように、一方通行ではなく、双方向のやり取りや対話のことをインタラクティブと呼ぶとされます。

まとめ

インタラクティブとは、簡潔に説明すると、何かを言ったら何かが返ってくるなど、双方向のコミュニケーションや情報の伝達のことを指します。

特にマーケティングの分野の場合には顧客からの情報を企業が受け取れることをインタラクティブという言葉で表現します。

インターネット・Webメディアが普及し、今後もインタラクティブな関係性・マーケティングは非常に重要になっていくと考えることができます。

顧客との関係性がうまく構築できていない場合にはインタラクティブな情報の伝達ができているかどうかを確認し、マーケティングなどの戦略を構築していく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ
国内の広告

「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ

世界的にも有名なマッチングアプリTinderは日本でも多くの若者に利用されている。 私もかつては、Tinderで出会った人と酒を飲む夜もあった。右にスワイプ左にスワイプ……。 スマホ画面上に出てくる相手を好きか嫌いか...
トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例
その他

トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例

究極のパーソナルスペースともいえるトイレの個室に広告を展開する事例が増えつつある。いったいどのような効果が期待できるのか。今回はトイレ内に設置されている広告事例について紹介する。 ポスターやステッカーの貼付・サンプル...
インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年下半期
国内の広告

インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年下半期

2022年もいろんな出来事があった年だった。多くの広告が、2022年下半期も話題に上がった。 2022年の下半期に話題となった広告を紹介していきたい。 ユニコーンに乗って「#世代差あるある」(2022年7月) TBS...