エスエフエー/セールスフォースオートメーション SFA

正式名称:Sales Force Automation

SFAはSales Force Automationの頭文字を取って省略した言葉で、営業管理システムや営業支援システムを指します。

詳細には、営業案件や営業の人間、営業パーソンの行動を可視化する目的で導入する企業が増えているシステムです。

他にも営業支援のための情報システムという一面もありますので、営業の生産性向上や効率化を進める目的でも使われます。

このシステムでは、顧客情報、商談履歴、案件の進捗状況、営業資料、スケジュール、他の営業パーソンの予定など、営業に関する情報を一元管理することができて、参照、編集もできます。

最近では、営業・セールスの品質を一定以上に保つという目的とは別に顧客合っての企業という考え方から、顧客満足度の向上や顧客対応活動のためにSFAを利用しようと考える企業も増えてきています。

というのも、顧客満足度の向上のためには、まずは顧客のニーズを正確に把握する必要があり、顧客のニーズを正確に把握するためには情報の質、それに情報の量と、定量的に顧客のニーズを把握していく必要があるからです。

まとめ

顧客に最も近い営業の社員が顧客のニーズを把握し、営業の社員が経営層にその情報を流し、経営層が判断するという情報の流れ、ボトムアップ型の経営を効率的に、効果的にするためのシステムとして採用しようと考える企業が増えてきています。

従来型の経営のプロセス、経営層が考えたことを社員にそのまま伝え、社員はそれをそのまま顧客に提案するという流れを逆にしていくためのシステムといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題
国内の広告

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題

せっかくの広告ポスターなのに、印刷を大失敗してしまった!そんな事例をご紹介しよう。 「印刷データを間違えて送ってしまって、僕の証明写真が掲載されました」 こちらは2019年、東京メトロ早稲田駅に掲載された広告だ。 大...
店舗サービスの利用者に直接アプローチ!「インストアメディア」とは?
その他

店舗サービスの利用者に直接アプローチ!「インストアメディア」とは?

店内に掲示するポスターや商品かごに取り付ける広告など、店舗内の広告を総称して「インストアメディア」と呼ぶ。近年は動画を活用したプロモーション事例も増えており、注目を集めている。 今回は、そんなインストアメディアについ...
電車広告の種類・費用の相場とは?
国内の広告

電車広告の種類・費用の相場とは?

通勤や通学、旅行など、移動手段として欠かせない電車。 ふと目に留まる電車広告は、多くの人に認知されやすくその効果は絶大でさまざまな企業がプロモーションに活用している。 視認性も高く、自然の流れで認知させるにはおすすめ...