エスエフエー/セールスフォースオートメーション SFA

正式名称:Sales Force Automation

SFAはSales Force Automationの頭文字を取って省略した言葉で、営業管理システムや営業支援システムを指します。

詳細には、営業案件や営業の人間、営業パーソンの行動を可視化する目的で導入する企業が増えているシステムです。

他にも営業支援のための情報システムという一面もありますので、営業の生産性向上や効率化を進める目的でも使われます。

このシステムでは、顧客情報、商談履歴、案件の進捗状況、営業資料、スケジュール、他の営業パーソンの予定など、営業に関する情報を一元管理することができて、参照、編集もできます。

最近では、営業・セールスの品質を一定以上に保つという目的とは別に顧客合っての企業という考え方から、顧客満足度の向上や顧客対応活動のためにSFAを利用しようと考える企業も増えてきています。

というのも、顧客満足度の向上のためには、まずは顧客のニーズを正確に把握する必要があり、顧客のニーズを正確に把握するためには情報の質、それに情報の量と、定量的に顧客のニーズを把握していく必要があるからです。

まとめ

顧客に最も近い営業の社員が顧客のニーズを把握し、営業の社員が経営層にその情報を流し、経営層が判断するという情報の流れ、ボトムアップ型の経営を効率的に、効果的にするためのシステムとして採用しようと考える企業が増えてきています。

従来型の経営のプロセス、経営層が考えたことを社員にそのまま伝え、社員はそれをそのまま顧客に提案するという流れを逆にしていくためのシステムといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ
その他

専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ

近年、専用の道具を使わずに立体映像を浮かび上がらせるデジタルサイネージが開発された。より強い印象を人々に与えられるディスプレーの活用により、店頭における販売促進効果が期待されている。今回は、最先端の3Dホログラムサイ...
クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...
「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ
国内の広告

「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ

世界的にも有名なマッチングアプリTinderは日本でも多くの若者に利用されている。 私もかつては、Tinderで出会った人と酒を飲む夜もあった。右にスワイプ左にスワイプ……。 スマホ画面上に出てくる相手を好きか嫌いか...