オプトアウト Opt-Out

正式名称:Opt-Out

オプトアウトとは、ユーザーに対して許可を取ることなく宣伝や広告をメルマガなどの手段を用いて送ることを指します。

また、1度許可した宣伝広告の受け取りをユーザーが拒否する意思を示すこともオプトアウトと言います。

たとえば、1度メルマガ受信を許可する意思を示し、オプトイン状態にあったユーザーが企業に対しメルマガ受信の拒否をする場合もオプトアウトと言います。

オプトアウトを英語で表記する場合は「Opt Out」や「Opt-out」と表記し「会員からの脱退」を意味する言葉になります。

メルマガを配信してメールで宣伝・広告をする場合、たとえ1度メルマガなどで宣伝や広告を受け取る意思を示したユーザーに配信をする場合でも、情報の発信元は必ずオプトアウトの手続きができるようにメルマガの本文中に退会手続きのページへのリンクなどを掲載しておくことが特電法(特定電子メール法、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)によって義務づけられています。

つまり、ユーザー本人の許可無く手に入れたメールアドレスに対して広告・宣伝の含まれたメルマガを配信するオプトアウト状態でのメルマガ配信、これらのオプトアウト状態のメルマガ配信行為が特定電子メールの送信の適正化等に関する法律によって規制されているということになります。

まとめ

オプトアウトに関する法律・ルールを守らない場合、顧客からの信頼を失うどころか、違法行為となってしまいます。

オプトアウト状態のメルマガを配信しても、ユーザーに取っては「迷惑メール」でしかないので、マーケティングにおける宣伝・広告には全くと言っていいほど効果がありません。

必ずオプトアウトに関する法律・ルールを守った上でメルマガの配信を行うようにすることが重要と思われます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...
トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例
その他

トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例

究極のパーソナルスペースともいえるトイレの個室に広告を展開する事例が増えつつある。いったいどのような効果が期待できるのか。今回はトイレ内に設置されている広告事例について紹介する。 ポスターやステッカーの貼付・サンプル...
タクシーの窓に広告を配信!日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」がすごい
国内の広告

タクシーの窓に広告を配信!日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」がすごい

タクシーの窓に、広告を流すサービスをご存じだろうか。下の画像のように「車窓」に広告を配信できるのだ。 今回は2021年6月にリリースされた、日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」をご紹介する。 窓に動画ってどう...