カスタマイズ Customize

正式名称:Customize

カスタマイズはサービスの内容や製品の性能、その他の設定などをユーザーの好みに合わせて作り変えることを指します。

例えば、Apple社が販売しているコンピューターのMacは公式サイトで注文する際にカスタマイズをした注文ができます。

ノートブック・ノートパソコンタイプのMacBookか、デスクトップタイプのiMacかなど、最初に基本となる機種・マシンを選択し、性能やキーボードなどを使い方に合わせてカスタマイズすることができます。

たとえば、画像編集や動画編集など、パソコンに負荷のかかる作業をする予定ならば、メモリやCPUといったパソコンの処理速度に関わる性能を上げ、快適に動作するパソコンを注文することができます。

逆に、簡単なインターネット検索や動画・音楽の試聴が目的なら性能を上げるカスタマイズを行わずに、価格重視の注文を行うこともできるようになります。

このように、特にパソコンなどの日常的に使用する耐久消費財の場合、利用者の環境、利用目的によって求められる性能などが大きく変わってきますのでカスタマイズへの需要が大きくなると考えられます。

まとめ

このように、カスタマイズはさまざまな業界や製品・サービスで用いられている販売の方法になります。

先述したように、B to Bの場合には特にカスタマイズされた製品やサービスが求められます。

また、最近では消費者ニーズの多様化を受けて、一般消費者向けの製品やサービスにおいてもカスタマイズした注文ができる場合が増えてきました。

カスタマイズを利用して製品やサービスを注文する場合には自分の利用環境や何に使うのかをしっかりと考慮し、必要十分な状態にカスタマイズして注文する必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?
その他

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?

近年、防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」を設置したエレベーター数が増加傾向にある。エレベーター内で音声付きの動画広告を配信することで、月間8,000万人以上へのアプローチが可能になるという。 今...
インパクトあり過ぎる!屋外広告まとめ2021年
国内の広告

インパクトあり過ぎる!屋外広告まとめ2021年

目に入った瞬間にビビッとくる広告がある。 普段何気なく見ている景色に溶け込み、風景の一部となっている様で、実は見る人の心に残り続ける屋外広告。 2021年に出現し、忘れられないインパクトを与えた屋外広告をご紹介したい...
日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始
国内の広告

日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始

昨年、様々な場所で話題となったNFTはデジタルの世界でそのものの唯一性を担保できる技術である。その利用用途としては、デジタルコンテンツを数量限定・供給を制限して配布することが現在の主要な用途ではある。一部、リアルな世...