カテゴリーキラー Category Killer

正式名称:Category Killer

カテゴリーキラーは、既存のカテゴリーを破壊する新しい組み合わせやマーチャンダイジングを持つ企業や店舗を指します。

ここでいう、マーチャンダイジングとは、消費者の欲求に応えられる商品を適切な価格、タイミングで販売する力です。

例えば、専門店やスーパー、百貨店というカテゴリーに大打撃を与えて破壊したコンビニエンスストア、ブランドショップのカテゴリーを破壊したセレクトショップ、ショッピングモールのカテゴリーを破壊したアウトレット、これらのことをカテゴリーキラーと呼びます。

また、特定分野の商品カテゴリーで圧倒的な品揃えながら、低価格・大量販売する小売業のことを指す場合もあります。

カテゴリーキラーが出店すると、同じ商圏内にある競合店の該当カテゴリーの商品が極端に売上高が低下してしまいます。

その結果、取扱を止めることになったり、部門廃止や縮小などに追い込まれてしまうことになるので、この「カテゴリーキラー」という名前が使われることになりました。

1980年代にアメリカで急速に力を付けたカテゴリーキラーですが、現代では競争力を失いつつあるという現状もあります。

まとめ

現在では、百貨店を経営する企業でも、特定の分野、カテゴリーの商品に特化した店舗開発を行っています。

また、インターネットを使った低価格販売が浸透しており、現代ではカテゴリーキラーは競争力を失いつつあります。

そのため、カテゴリーキラーに求められているのは、低価格販売以外、他の何かしらによる価格訴求による競争力強化が必要になってきていると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図
国内の広告

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図

「あれ?なんで私がこの商品買ってるの知ってるの?」 「どうしてダイエットしてるのバレてるんだ…!」 Web広告のターゲティングや、動画を見ている時に出るリターゲティング広告に驚いたことがある人は今や少なくないはず。 ...
「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
「カンヌライオンズ2021グランプリ賞のハイネケンのシャッター広告は未来の広告のあり方を変えるのか?
海外の広告

「カンヌライオンズ2021グランプリ賞のハイネケンのシャッター広告は未来の広告のあり方を変えるのか?

広告界の祭典「カンヌライオンズ2021」は1年に1度開催される授賞式で、2021年は6月21日~25日に開催された。 優れた手法や切り口を展開した広告作品に対して贈られる、「Communication」部門から、映像...