カニバリゼーション Cannibalization

正式名称:Cannibalization

カニバリゼーション(cannibalization)とは、自社内の2つ以上の商品やサービス、ブランドなどが互いに競合し、シェアを競ったり、浸食し合っている状態を指します。

新商品の導入による既存商品の売上減少、売場でのフェース展開が行き過ぎたことによる自社商品の売上減少、新規チャネルを展開することで起こる既存チャネルの侵食などがあげられます。

例えば、新商品を開発、発売し、市場に投入した結果、既存商品の顧客、ユーザが新商品の購入にスイッチしてしまい、企業全体としての売上が新商品発売後に期待通りの数値に上がらない、場合によっては低下してしまうという現象、これが比較的多く見られるカニバリゼーションの例となっています。

よく使われるわかりやすい具体例にコンビニエンスストアの具体例があります。

同じチェーンのコンビニエンスストアが同一地域、同じ商圏内に複数出店することによって互いに顧客の奪い合いが発生してしまい、共食い、カニバリゼーションが発生してしまう現象です。

まとめ

カニバリゼーションを回避、防止するためにはカニバリゼーションが起こりうる商品の市場分析を通じて、ポジショニング、ターゲット戦略、チャネル戦略、広告メッセージなど差別化することによってカニバリゼーションを回避、防止する必要があります。

その一方で、逆にカニバリゼーションを利用する戦略として、わざとカニバリゼーションを起こすような商品を市場に投入することによって、競合他社の参入を防止するという戦略もあります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

勝手にAmazonから送られてくる試供品サンプル!
比較・紹介

勝手にAmazonから送られてくる試供品サンプル!

突然届いたAmazonからの荷物 ある日、ポストに頼んだ覚えのないAmazonからの荷物が…?新手の詐欺かと不安を感じながらも恐る恐る開けてみるとそこには試供品とかかれた女児に人気のプリキュアのラムネ菓子とチョコレー...
「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...
「マンホール」が街のシンボルに?!所沢市、”日本初”の広告に注目!
面白い広告

「マンホール」が街のシンボルに?!所沢市、”日本初”の広告に注目!

街に並ぶマンホールを広告にーーそんな画期的なアイデアで、全国から注目を集めるのが、所沢市だ。 地域の中小企業から、名だたる大手企業まで多彩な広告主が出稿。 とくにアニメや人気芸能人が描かれたデザインがSNS上でも大き...