カニバリゼーション Cannibalization

正式名称:Cannibalization

カニバリゼーション(cannibalization)とは、自社内の2つ以上の商品やサービス、ブランドなどが互いに競合し、シェアを競ったり、浸食し合っている状態を指します。

新商品の導入による既存商品の売上減少、売場でのフェース展開が行き過ぎたことによる自社商品の売上減少、新規チャネルを展開することで起こる既存チャネルの侵食などがあげられます。

例えば、新商品を開発、発売し、市場に投入した結果、既存商品の顧客、ユーザが新商品の購入にスイッチしてしまい、企業全体としての売上が新商品発売後に期待通りの数値に上がらない、場合によっては低下してしまうという現象、これが比較的多く見られるカニバリゼーションの例となっています。

よく使われるわかりやすい具体例にコンビニエンスストアの具体例があります。

同じチェーンのコンビニエンスストアが同一地域、同じ商圏内に複数出店することによって互いに顧客の奪い合いが発生してしまい、共食い、カニバリゼーションが発生してしまう現象です。

まとめ

カニバリゼーションを回避、防止するためにはカニバリゼーションが起こりうる商品の市場分析を通じて、ポジショニング、ターゲット戦略、チャネル戦略、広告メッセージなど差別化することによってカニバリゼーションを回避、防止する必要があります。

その一方で、逆にカニバリゼーションを利用する戦略として、わざとカニバリゼーションを起こすような商品を市場に投入することによって、競合他社の参入を防止するという戦略もあります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告
海外の広告

あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告

最新!インドのデジタル広告市場がすごい なにやら、インドの高成長がすごいらしい。。 インドのGDP(国内総生産)は2030年日本の3倍、2050年には日本の5倍に成長し、インドの人口は日本の12倍! 世界2位の13億...
思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...
ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目
国内の広告

ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目

2021年10月21日(木)、東京都は新宿と池袋の大型ビジョンに、Pontaポイントでおなじみのポンタが登場した。 注目したいのは、ポンタが通行人とリアルタイムでコミュニケーションする「ライブ配信」であることだ。 今...