クラウドコンピューティング Cloud computing

正式名称:Cloud computing

クラウドコンピューティングとは、インターネットを介して提供されるサービスの総称を指します。

クラウド(cloud)とは雲を意味する英単語で、システム構成図ではインターネットなどのネットワークを介した
向こう側のことを「雲」のマークで表すことからクラウドコンピューティングという言葉が使われるようになりました。

なぜ、ネットワークを介した向こう側のことを雲で表すのかというと、コンピュータのイメージ画像では世界中に広がる雲をイメージしてそれをネットワークの表現に使うことが多いからだとされます。

これまではメールや動画、写真、音楽などの電子ファイルは自分のコンピュータやハードディスクに保存しておくことで、管理、利用していました。

しかし、クラウドコンピューティングではインターネット上のサーバーにそれらの電子ファイルを保管することで自宅やオフィス、自分のパソコンじゃなくても、いつでも、どこでも、どのパソコンを使っていてもそれらの電子ファイルを開いて利用できるようになります。

現在ではマイクロソフトのサービスもクラウドコンピューティングを利用して提供されているものがあります。

まとめ

クラウドコンピューティングには利便性というメリットもあれば、デメリットも存在します。

今後もクラウドコンピューティングはサービスの幅が広がっていくと考えられますが、メリット・デメリットを考えた上で導入を考えていくことが必要になっていくでしょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?
国内の広告

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?

グルメ系の動画を見ると、どうしても目が留まってしまう。 それが例え広告目的の動画であったとしても、私は卑しいのでスキップができない派である。 「美味しそうだな」、という消費者心理はどうしても制御できないものがあるのか...
駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕
国内の広告

駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕

突然だが、この画像を見ていただきたい。 Twitterで16万リツイートされた、話題の広告だ。 2022年の1月、東大前駅に掲載された「明治R-1」の広告である。 受験シーズンということで、東大へ向かう受験生を応援す...
先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。
国内の広告

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。

未曾有のウイルスによって私たちの生活はこの1~2年で大きく変わった。 外出もできず、広告を行うこともなんとなく躊躇われた時期もあった。 だけど、そんな時期だったからこそ前向きな、メッセージ性の強い広告がたくさん生まれ...