クラスター分析 Cluster Analysis

正式名称:Cluster Analysis

クラスター分析とは、異なる性質のもの同士が混ざり合っている状態の集団(対象)の中から、互いに似ているもの同士を集めて集落(クラスター)を作り、対象を分類しようという方法を総称した言葉を指します。

クラスター分析のクラスターとは本来、ぶどうの房を意味していますが、マーケティングで利用する場合、「集団」の意味があります。

クラスター分析、つまり、あるかたまり、集団をつくるためのマーケティングにおける分析の手法になります。

データサンプルを共通した特徴を持ついくつかのグループに分類しそれぞれのグループ毎の特徴や傾向、また、データ要素の関連性などを見出すための統計的な分析の手法です。

クラスター分析を利用する際に、グループに分類するための特徴として、B to Cマーケティングの場合、年齢、性別、年収、趣味やライフスタイルなど個人の特徴や生活に関する特徴が挙げられます。

B to Bマーケティングの場合には、業種、売上高、従業員数など、企業の規模の大きさなど、企業に関するデータや数値を特徴にグループ分類することになります。

まとめ

クラスター分析は最初にいくつのクラスターに分類するのか、クラスター数を決めた上で分類の対象をクラスターに分類していく方法になります。

特に多民族国家のアメリカでは、所得や人種、宗教などによって行動パターンが違ってくるので、比較的分類がしやすくなります。

そのため、このクラスター分析を用いたマーケティングがよく利用されています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕
国内の広告

駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕

突然だが、この画像を見ていただきたい。 Twitterで16万リツイートされた、話題の広告だ。 2022年の1月、東大前駅に掲載された「明治R-1」の広告である。 受験シーズンということで、東大へ向かう受験生を応援す...
インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年下半期
国内の広告

インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年下半期

2022年もいろんな出来事があった年だった。多くの広告が、2022年下半期も話題に上がった。 2022年の下半期に話題となった広告を紹介していきたい。 ユニコーンに乗って「#世代差あるある」(2022年7月) TBS...
電車を丸ごとジャックでインパクト大!「ちゅ〜る ちゅ〜るトレイン」運行
国内の広告

電車を丸ごとジャックでインパクト大!「ちゅ〜る ちゅ〜るトレイン」運行

日本人は記念日をつけたがる。 「記念日協会」なるものが存在するとおり、商品においても文化においても、記念日と結びつけることでブランディング価値が向上するということはよく知られている手法だ。 2022年、誰もが「あ、」...