クラスター分析 Cluster Analysis

正式名称:Cluster Analysis

クラスター分析とは、異なる性質のもの同士が混ざり合っている状態の集団(対象)の中から、互いに似ているもの同士を集めて集落(クラスター)を作り、対象を分類しようという方法を総称した言葉を指します。

クラスター分析のクラスターとは本来、ぶどうの房を意味していますが、マーケティングで利用する場合、「集団」の意味があります。

クラスター分析、つまり、あるかたまり、集団をつくるためのマーケティングにおける分析の手法になります。

データサンプルを共通した特徴を持ついくつかのグループに分類しそれぞれのグループ毎の特徴や傾向、また、データ要素の関連性などを見出すための統計的な分析の手法です。

クラスター分析を利用する際に、グループに分類するための特徴として、B to Cマーケティングの場合、年齢、性別、年収、趣味やライフスタイルなど個人の特徴や生活に関する特徴が挙げられます。

B to Bマーケティングの場合には、業種、売上高、従業員数など、企業の規模の大きさなど、企業に関するデータや数値を特徴にグループ分類することになります。

まとめ

クラスター分析は最初にいくつのクラスターに分類するのか、クラスター数を決めた上で分類の対象をクラスターに分類していく方法になります。

特に多民族国家のアメリカでは、所得や人種、宗教などによって行動パターンが違ってくるので、比較的分類がしやすくなります。

そのため、このクラスター分析を用いたマーケティングがよく利用されています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場
国内の広告

屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場

「1日何人が、うちの看板を見たのだろう」 「あの通りに看板を出すと、どれくらいの人が見るだろうか」 と、気になることはないだろうか。 屋外広告の弱点として、細かい効果計測ができないところがある。しかし、この弱点を解消...
広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...