クラスター分析 Cluster Analysis

正式名称:Cluster Analysis

クラスター分析とは、異なる性質のもの同士が混ざり合っている状態の集団(対象)の中から、互いに似ているもの同士を集めて集落(クラスター)を作り、対象を分類しようという方法を総称した言葉を指します。

クラスター分析のクラスターとは本来、ぶどうの房を意味していますが、マーケティングで利用する場合、「集団」の意味があります。

クラスター分析、つまり、あるかたまり、集団をつくるためのマーケティングにおける分析の手法になります。

データサンプルを共通した特徴を持ついくつかのグループに分類しそれぞれのグループ毎の特徴や傾向、また、データ要素の関連性などを見出すための統計的な分析の手法です。

クラスター分析を利用する際に、グループに分類するための特徴として、B to Cマーケティングの場合、年齢、性別、年収、趣味やライフスタイルなど個人の特徴や生活に関する特徴が挙げられます。

B to Bマーケティングの場合には、業種、売上高、従業員数など、企業の規模の大きさなど、企業に関するデータや数値を特徴にグループ分類することになります。

まとめ

クラスター分析は最初にいくつのクラスターに分類するのか、クラスター数を決めた上で分類の対象をクラスターに分類していく方法になります。

特に多民族国家のアメリカでは、所得や人種、宗教などによって行動パターンが違ってくるので、比較的分類がしやすくなります。

そのため、このクラスター分析を用いたマーケティングがよく利用されています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
美容室×タブレットの広告媒体 広告効果とおすすめ3社
国内の広告

美容室×タブレットの広告媒体 広告効果とおすすめ3社

美容室に行くと、一般的には雑誌を渡されるのだが、ちょっとした待ち時間やカットの間は一時的に読み物が読めない時間もある。 意識のやりどころに困ったりして、ちょっと気まずい思いをしたことのある人も少なくないはず。 そんな...
レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略
国内の広告

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略

ファミリーマートのレジ上のスペースに徐々にデジタルサイネージが設置されつつあるのをご存じだろうか。2022年春までに3,000店舗に導入。そして3年以内に設置可能な全店舗への導入を目指しているという。今回はファミリー...