クロスセリング Cross-Selling

正式名称:Cross-Selling

クロスセリングは顧客が購入を考えている、希望している製品やサービスがある場合にその関連製品、関連サービスを同時に購入することを促すマーケティングやセールスにおける手法を指します。

顧客が購入を考えている製品と組み合わせて利用できる製品などを勧めることによって売上を伸ばすことを目的とします。

または、顧客が購入を検討している製品やサービスと別の製品やサービスを紹介することによって購入を検討してもらうことをクロスセリングと言う場合もあります。

売上を伸ばし、利益を高めるために有効なクロスセリングですが、クロスセリングを成功させるためには数多くの知識・情報・経験やスキルが必要になってきます。

クロスセリングによって顧客ひとりあたりの購買数、売上を伸ばすためにはその顧客のニーズやライフスタイルを知っておく必要があります。

そのため、クロスセリングを成功させるためにはその顧客の趣味趣向や属性、求めている製品やサービスのテーマなど様々な情報を知っておく必要があります。

ですので、クロスセリングという販売手法は顧客との良好な関係を長期的に構築すること、さらには豊富な販売経験による知識やスキルが必要になってくると考えることができます。

まとめ

クロスセリングの一番のメリットは新規顧客の獲得を必要としないことです。

そのため、クロスセリングを使うことによって莫大な広告費などをかける必要もなく、売上を伸ばし、全体の利益や顧客ひとり当たりの利益率を上げていくことができる手法です。

ワンランク上の商品、より高額な商品を勧めるアップセルの手法なども含め、既存顧客からの売上を伸ばしていくことが現在のマーケティングにおいては非常に有効な手法と言うことができるのです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

アシックスが仮想空間でランニングイベント VRで体験できる商品価値
国内の広告

アシックスが仮想空間でランニングイベント VRで体験できる商品価値

国内のシューズメーカーといえばアシックスだが、近年では海外のランニングシューズメーカーの勢いが強く、そのイメージは薄れつつあった。 しかし、最近のアシックスはランニング経済圏にどんどん前進しており、その勢いは市民ラン...
ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?
国内の広告

ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?

日本は海外ほどアートが身近ではなく、実際に市場規模は世界以上の3%程度にしか過ぎないといわれている。しかし近年、空き壁を利用したアート広告がにわかに脚光を浴びつつある。 はたしてビルの空き壁を利用した「アート広告」と...
バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観
国内の広告

バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観

メタバースが話題になっているが、仮想空間を実際の都市空間と重ね合わせたバーチャル空間も話題を集めている。 より現実に近い景色をメタバース上で再現することで、より自分ごと化し身近に物事が感じられやすく、都市全体を活用し...