クロスメディアコミュニケーション(メディアミックス) Cross Media Communication

正式名称:Cross Media Communication

クロスメディアコミュニケーションとはターゲットとなる市場でマーケティングの目標を達成するためにテレビや新聞、電話、FAX、Web、インターネット、電子メールなど、多くのマーケティングチャネルを有機的に組み合わせるマーケティングを指します。

クロスメディアコミュニケーションによって複数のメディアにまたがるように商品やサービスを展開するのは、広告活動の一環であり、宣伝広告やマーケティングなどの目的のために利用されます。

元々は広告業界の用語で、商品やサービスを宣伝、CMをする際に、異なる種類のメディアたとえば、テレビCMと新聞の広告、雑誌の広告などを組み合わせることによって、それぞれのメディアが持っている弱点を補う手法というのがもともとのクロスメディアコミュニケーションスの意味、手法でした。

しかし、現在では、ある特定の娯楽作品が一定の経済効果を持ち、いわゆる成功した場合に、その作品の副次的な作品を他の種類の娯楽メディアで多数制作し、ファンサービスの拡大、商品販促の拡充を目的として手法を示すようになりました。

たとえば、書籍の作品として人気の出た小説やマンガが映画化、アニメ化、テレビドラマ化されることがあります。

もとは小説やマンガだった作品を映画化、アニメ化、テレビドラマ化、他にもDVD化をしたりして、ファンの獲得や関連商品の販促をします。

最近では、原作を小説・アニメ・ゲーム・音楽CD・TVドラマ・映画・DVD・トレーディングカード・フィギュアなど、多種多様なメディア展開することをクロスメディアコミュニケーションと呼ぶこともあります。

まとめ

ITやハイテク産業の急速な発展によって現代はインターネットやゲームなど、人気のメディアが多く出てきています。

そのため、メディア業界やエンタメ業界ではクロスメディアコミュニケーションスを利用してファンサービスの拡大、また、商品・サービスの販促を拡充していくことが必須になってきています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...
資生堂「アクアレーベル」のアドベントカレンダー形式のキャンペーンがユニーク!
国内の広告

資生堂「アクアレーベル」のアドベントカレンダー形式のキャンペーンがユニーク!

クリスマスの季節が近づくと、ツリーやオーナメントなどさまざまな装飾が街中を彩り盛り上がりを見せる。 その中でも「アドベントカレンダー」は毎日開示することで、日々高まるクリスマスへの盛り上がりをより実感させるから、私も...
渋谷に超巨大秋田犬が出現!8面ビジョンを使った屋外広告の可能性
国内の広告

渋谷に超巨大秋田犬が出現!8面ビジョンを使った屋外広告の可能性

2021年にクロス新宿ビジョンに登場した「3D巨大猫」が世界中で話題を集めたことは記憶に新しい。今度はなんと、渋谷駅に「超巨大な3D秋田犬」が出現。8面ビジョンを効果的に使った映像が注目を集めた。今回は、「巨大な秋田...