クロスメディアコミュニケーション(メディアミックス) Cross Media Communication

正式名称:Cross Media Communication

クロスメディアコミュニケーションとはターゲットとなる市場でマーケティングの目標を達成するためにテレビや新聞、電話、FAX、Web、インターネット、電子メールなど、多くのマーケティングチャネルを有機的に組み合わせるマーケティングを指します。

クロスメディアコミュニケーションによって複数のメディアにまたがるように商品やサービスを展開するのは、広告活動の一環であり、宣伝広告やマーケティングなどの目的のために利用されます。

元々は広告業界の用語で、商品やサービスを宣伝、CMをする際に、異なる種類のメディアたとえば、テレビCMと新聞の広告、雑誌の広告などを組み合わせることによって、それぞれのメディアが持っている弱点を補う手法というのがもともとのクロスメディアコミュニケーションスの意味、手法でした。

しかし、現在では、ある特定の娯楽作品が一定の経済効果を持ち、いわゆる成功した場合に、その作品の副次的な作品を他の種類の娯楽メディアで多数制作し、ファンサービスの拡大、商品販促の拡充を目的として手法を示すようになりました。

たとえば、書籍の作品として人気の出た小説やマンガが映画化、アニメ化、テレビドラマ化されることがあります。

もとは小説やマンガだった作品を映画化、アニメ化、テレビドラマ化、他にもDVD化をしたりして、ファンの獲得や関連商品の販促をします。

最近では、原作を小説・アニメ・ゲーム・音楽CD・TVドラマ・映画・DVD・トレーディングカード・フィギュアなど、多種多様なメディア展開することをクロスメディアコミュニケーションと呼ぶこともあります。

まとめ

ITやハイテク産業の急速な発展によって現代はインターネットやゲームなど、人気のメディアが多く出てきています。

そのため、メディア業界やエンタメ業界ではクロスメディアコミュニケーションスを利用してファンサービスの拡大、また、商品・サービスの販促を拡充していくことが必須になってきています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?
国内の広告

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?

グルメ系の動画を見ると、どうしても目が留まってしまう。 それが例え広告目的の動画であったとしても、私は卑しいのでスキップができない派である。 「美味しそうだな」、という消費者心理はどうしても制御できないものがあるのか...
だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告
国内の広告

だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告

毎年癖の強い広告を展開して話題を集めているKINCHO。今年は日を追うごとにサイズが小さくなっていく新聞広告が大きな反響を呼んだ。今回はだんだん小さくなるKINCHOの新聞広告をご紹介する。 小さくなりすぎて逆にツッ...
空きスペースで収益をあげよう!貸し部屋事業の始め方やメリット・デメリットを解説
国内の広告

空きスペースで収益をあげよう!貸し部屋事業の始め方やメリット・デメリットを解説

オフィスや事務所の空きスペースを活用して、収益を上げられることをご存じだろうか。シェアリングエコノミーが普及してきた今、空スペースをレンタルし、賃料を稼ぐサービスが普及している。 「レンタル事務所」というと、綺麗な部...