コストパーインクワイアリー CPI

正式名称:Cost Per Inquiry

CPI(コストパーインクワイアリー)は資料請求をしたり、またはそれに相当する興味関心を商品やサービス、ブランドに示した有望な見込み客を1人獲得するために必要になったコストのことを指します。

もしくは、資料請求や、それに相当する問い合わせなど商品やサービス、ブランドに対するアクションを行った見込み客のことをCPIということもあります。

CPIの数値は販売促進(販促)のためにかかったコストを資料請求や問い合わせの数で割った数値になります。

商品を販売するために必要になった広告費など、販売促進、販促の費用・コストを顧客からの資料請求の数、問い合わせの数で割った数値を出し、その販促活動が本当に効果があったのかどうか、数値を見ることによって客観的な評価をすることができます。

CPIの具体例

たとえば、ある美容系の商品について、販促費用を合計200万円使ったとします。

それに対して問い合わせの数は1,000件となりました。

その場合、販促費用の合計、200万円を問い合わせの数、1,000件で割れば、問い合わせ1件当たりのコスト・費用、CPIを算出することができます。

ですので、この場合のCPIを計算する方法はCPI=2,000,000(円)/1,000(件)という計算式になりますので、CPIの数値は
問い合わせ1件あたり2,000円と導き出すことができます。

このように、CPIの数値を出すことによって販促活動の相対的な評価に利用することができるので、販促活動や広告が実際にどのくらいの効果があったのかを数字で明確に知ることができる評価方法となります。

まとめ

そのため、数字が重視されるダイレクト・マーケティングでは、CPIの数値が重要になってくるとされます。

以上が、CPIの用語説明になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
喫煙所内は広告効果抜群 喫煙所広告がもたらすメリットとは?
国内の広告

喫煙所内は広告効果抜群 喫煙所広告がもたらすメリットとは?

喫煙所が近くにあるかどうかは、喫煙者にとっては場所を選択する際の重要な決定条件になる。 特に最近では、飲食店でも完全禁煙の場所が増えてきていることもあり「タバコが吸える場所」を求めてさまよう人は多い。 街中に点在する...
屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...