コストパーインクワイアリー CPI

正式名称:Cost Per Inquiry

CPI(コストパーインクワイアリー)は資料請求をしたり、またはそれに相当する興味関心を商品やサービス、ブランドに示した有望な見込み客を1人獲得するために必要になったコストのことを指します。

もしくは、資料請求や、それに相当する問い合わせなど商品やサービス、ブランドに対するアクションを行った見込み客のことをCPIということもあります。

CPIの数値は販売促進(販促)のためにかかったコストを資料請求や問い合わせの数で割った数値になります。

商品を販売するために必要になった広告費など、販売促進、販促の費用・コストを顧客からの資料請求の数、問い合わせの数で割った数値を出し、その販促活動が本当に効果があったのかどうか、数値を見ることによって客観的な評価をすることができます。

CPIの具体例

たとえば、ある美容系の商品について、販促費用を合計200万円使ったとします。

それに対して問い合わせの数は1,000件となりました。

その場合、販促費用の合計、200万円を問い合わせの数、1,000件で割れば、問い合わせ1件当たりのコスト・費用、CPIを算出することができます。

ですので、この場合のCPIを計算する方法はCPI=2,000,000(円)/1,000(件)という計算式になりますので、CPIの数値は
問い合わせ1件あたり2,000円と導き出すことができます。

このように、CPIの数値を出すことによって販促活動の相対的な評価に利用することができるので、販促活動や広告が実際にどのくらいの効果があったのかを数字で明確に知ることができる評価方法となります。

まとめ

そのため、数字が重視されるダイレクト・マーケティングでは、CPIの数値が重要になってくるとされます。

以上が、CPIの用語説明になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体
国内の広告

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体

学生のころ、茶髪は許されなかった。 当時は疑問には思っていなかったが、染めずとも髪が茶色い女性は「地毛証明書」を提出していた。 しかし、よくよく考えれば「地毛証明書」とは矛盾を抱えた制度である。染めた茶色はNGで、染...
月間100万人以上にリーチ!喫煙者に直接働きかける喫煙所サイネージ
国内の広告

月間100万人以上にリーチ!喫煙者に直接働きかける喫煙所サイネージ

2020年4月の健康増進法改正に伴い、原則屋内での喫煙は禁止となった。喫煙者がたばこを吸うには、基準を満たす喫煙所に行かなければならない。必然と多くの喫煙者が集まる特性を生かし、近年は喫煙所にデジタルサイネージを設置...
風呂とビールは相性がいい。銭湯跡地を活用した、日本初 銭湯ブルワリー
面白い広告

風呂とビールは相性がいい。銭湯跡地を活用した、日本初 銭湯ブルワリー

大阪府大阪市東淀川区の銭湯跡地をリノベーション 2018年に廃業してしまった御幸温泉跡地にて、クラフトビール工場をやっている会社「株式会社上方ビール」元々は銭湯でビール工場を開始しようという目的ではなく、場所を探して...