コストパーオポチュニティ CPO

正式名称:Cost Per Opportunity

CPOとは、資料請求や問い合わせなど、商品やサービス、ブランドに関心を示した有望な見込み客を1人獲得するために要した費用、コストを指します。

CPOの計算方法ですが、CPO=広告にかけた費用・コスト/コンバージョン数(成約数)で表します。

つまり、広告にかけた費用・コストをコンバージョン数(成約数)で割ればCPO、1件のコンバージョン(成約)の獲得にかかた費用・コストを求めることができます。

たとえば、100万円の広告費を利用してWeb広告を出稿し、その広告から10,000件のコンバージョンが発生した場合、CPOは100円ということになります。

ここで算出した数値が高い場合、つまり、1件のコンバージョン(成約)の獲得に費用がかかりすぎていると判断できればそれは広告の見直し、改善をする必要があるということになります。

逆に、ここで算出したCPOの数値が低ければその広告は効果の高い広告と判断することができますので、そのまま使い続けることが利益につながると考えることができます。

このように、広告に本当に効果があったのかどうかを曖昧にせず、数値で明確に判断できるため、CPOは広告の評価、特に数字が最も重視されるWeb広告においては重要な指標となると考えられています。

まとめ

CPOは広告運用を行う場合、非常に重要な指標となる基準の数値です。

CPOの数値が上がれば利益が圧迫されますし、逆に、CPOの数値を下げることができればその広告によって利益を上げることができます。

そのため、広告運用を利用して利益を上げていきたいと考える場合、CPOというのは非常に重要な数値となります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...
紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目
国内の広告

紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目

2021年10月より、Gratify(グラティファイ)という広告サービスがリリースされた。 紙コップに広告を載せるサービスなのだが、慈善団体への寄付や、社会問題解決へフォーカスを当てていることも特徴だ。 お得で優しい...
エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?
その他

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?

近年、防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」を設置したエレベーター数が増加傾向にある。エレベーター内で音声付きの動画広告を配信することで、月間8,000万人以上へのアプローチが可能になるという。 今...