コストパーオポチュニティ CPO

正式名称:Cost Per Opportunity

CPOとは、資料請求や問い合わせなど、商品やサービス、ブランドに関心を示した有望な見込み客を1人獲得するために要した費用、コストを指します。

CPOの計算方法ですが、CPO=広告にかけた費用・コスト/コンバージョン数(成約数)で表します。

つまり、広告にかけた費用・コストをコンバージョン数(成約数)で割ればCPO、1件のコンバージョン(成約)の獲得にかかた費用・コストを求めることができます。

たとえば、100万円の広告費を利用してWeb広告を出稿し、その広告から10,000件のコンバージョンが発生した場合、CPOは100円ということになります。

ここで算出した数値が高い場合、つまり、1件のコンバージョン(成約)の獲得に費用がかかりすぎていると判断できればそれは広告の見直し、改善をする必要があるということになります。

逆に、ここで算出したCPOの数値が低ければその広告は効果の高い広告と判断することができますので、そのまま使い続けることが利益につながると考えることができます。

このように、広告に本当に効果があったのかどうかを曖昧にせず、数値で明確に判断できるため、CPOは広告の評価、特に数字が最も重視されるWeb広告においては重要な指標となると考えられています。

まとめ

CPOは広告運用を行う場合、非常に重要な指標となる基準の数値です。

CPOの数値が上がれば利益が圧迫されますし、逆に、CPOの数値を下げることができればその広告によって利益を上げることができます。

そのため、広告運用を利用して利益を上げていきたいと考える場合、CPOというのは非常に重要な数値となります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例
国内の広告

大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例

オンラインゲームがアツイ。 飲食店や電車の中、信号待ちの空間でさえ、スマホで必死にゲームをする人を見かけることが増えた。 私の様にオンラインゲームを全くしない層でも、今はやりのゲームについて分かってしまうのは、ゲーム...
ロッテ「バレンタインのせいにして。」スマホ視聴最適、縦型動画ショートムービーを展開
国内の広告

ロッテ「バレンタインのせいにして。」スマホ視聴最適、縦型動画ショートムービーを展開

従来バレンタインデーと言えば、「好きな人に想いを届ける日」「手作りチョコレートを作る日」 例年「Ghana」チョコレートで、バレンタインらしいキャンペーンを実施してきた。しかし、今年は固定観念に囚われずもっと自由にバ...
AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図
国内の広告

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図

「あれ?なんで私がこの商品買ってるの知ってるの?」 「どうしてダイエットしてるのバレてるんだ…!」 Web広告のターゲティングや、動画を見ている時に出るリターゲティング広告に驚いたことがある人は今や少なくないはず。 ...