コミュニケーション履歴 Communication History

正式名称:Communication History

コミュニケーション履歴とは、企業と顧客とのコミュニケーションの履歴を指します。

個人情報保護法が施工されてからは時系列にコミュニケーション履歴を管理していかないと顧客情報の管理が負担となるという大きな変化がありました。

コミュニケーション履歴を管理することについて、これまではマーケティングに携わる人間のみが考えていたことですが、個人情報保護法の施行により、企業にとってコミュニケーション履歴を管理することがほぼ義務化されました。

そのため、これからの企業経営では、個人情報保護の一環としても、顧客とのコミュニケーション履歴を管理していく必要性が生まれました。

コミュニケーション履歴は具体的には、HTMLやCSS、PHP、ASPなど、Web言語を使う必要なく、ホームページなどのWebコンテンツを作成したり編集できるシステムです。

ECサイトなど、頻繁にコンテンツを上げ下げしたり、更新を頻繁にする必要があるサイトの場合、Web制作会社にそれを依頼しては大量のコストがかかってしまいますので、CMS(Contents Management System)の導入を検討している企業が現在増えています。

ECサイトなどを改善することによって、顧客とのコミュニケーションも効率化することができますので、結果的にコミュニケーション履歴の管理も効率化させていくことができます。

まとめ

インターネットの発展、情報産業の急激な進歩によって個人情報保護が企業にも義務づけられるようになってきました。

コミュニケーション履歴の管理についても、個人情報保護の一環として、これからの企業に必要になってきます。

マーケティングへの利用もできますので、コミュニケーション履歴の管理を徹底していく必要があると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例
その他

トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例

究極のパーソナルスペースともいえるトイレの個室に広告を展開する事例が増えつつある。いったいどのような効果が期待できるのか。今回はトイレ内に設置されている広告事例について紹介する。 ポスターやステッカーの貼付・サンプル...
ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目
国内の広告

ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目

2021年10月21日(木)、東京都は新宿と池袋の大型ビジョンに、Pontaポイントでおなじみのポンタが登場した。 注目したいのは、ポンタが通行人とリアルタイムでコミュニケーションする「ライブ配信」であることだ。 今...