コモディティ化 Commoditization

正式名称:Commoditization

コモディティ化とは、製品の普及が進んだ後に価格や付加価値を工夫しないと製品が売れなくなる現象を指します。

ある製品カテゴリーにおいて普及が進み、技術革新が落ち着いた段階でメーカー間での差別化の要因が少なくなると、その結果、価格や付加価値の工夫がないと製品やサービスが売れなくなってしまいます。

これがコモディティ化が起こる原因です。

コモディティ化を抜け出すための方法の一つが、ブランド戦略、コミュニケーション戦略の強化です

ブランド戦略によって、ただ一つのブランドを築くことができれば、消費者や顧客は比較せずともブランドによって製品やサービスを選択することになるので、コモディティ化を抜け出すことにつながっていきます。

そして、コモディティ化を抜け出すブランディングのために重要なのが、マーケティングのコミュニケーション戦略です。

ひとりひとりの消費者・顧客とのコミュニケーションを大切にすることによって、信頼関係やロイヤリティが生まれ、ブランディングを行っていくことができるのです。

その結果、たとえ競合の製品やサービスに対する付加価値がなくなっても低価格競争に陥ることなく、消費者・顧客から製品やサービスを選択したもらえることになりコモディティ化から抜け出すことにつながっていきます。

まとめ

技術革新が落ち着いた現在では、多くの製品・サービスの市場において付加価値による差別化が難しくなっています。

つまり、ほとんどの市場において多くの製品やサービスがコモディティ化している状態といえます。

また、たとえ高付加価値な製品の開発に成功したとしてもすぐに競合からも同じ付加価値を持った製品やサービスが出てきてコモディティ化することになってしまいます。

そのため、現在では、コモディティ化を抜けだし、ビジネスを成功させるためには製品の付加価値のみに目を向けるのではなく、それと同時に「顧客」を中心に考える顧客主導のマーケティングが必要になってくると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ
国内の広告

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ

軒を連ねる店舗は閉店後にはシャッターを閉めて裏の顔を見せる。 その様子はどこか無機質で寂しそうな印象を与えかねないのだが、面が広いだけあり使い方次第ではインパクトの大きな広告面として活用できるメリットもある。 そうし...
【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体
国内の広告

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体

学生のころ、茶髪は許されなかった。 当時は疑問には思っていなかったが、染めずとも髪が茶色い女性は「地毛証明書」を提出していた。 しかし、よくよく考えれば「地毛証明書」とは矛盾を抱えた制度である。染めた茶色はNGで、染...
「疲れ」が見える広告?疲労回復の重炭酸入浴プロモーション
国内の広告

「疲れ」が見える広告?疲労回復の重炭酸入浴プロモーション

「●●な症状があったら、すぐに病院へ」と言われると、人間、行動してしまうものである。 「まだ大丈夫だろう」と高をくくっていた人も、あっという間に自分事にしてしまう魔法の言葉だ。 今回は、そんな魔法の言葉を活用した広告...