コーズマーケティング Cause Marketing

正式名称:Cause Marketing

コーズマーケティングとは、企業の営利活動と社会的貢献を直接結びつけることによって企業の社会価値の向上、そして、企業収益を両立させるマーケティング手法のことを意味します。

これには、企業が社会貢献するだけでなく、消費者・顧客からの企業やブランドへのイメージアップを狙う目的もあります。

コーズマーケティングのコーズ(Cause)とは「社会的大義」の意味があり、そのため、コーズマーケティングはコーズ・リレーテッド・マーケティング(Cause Related Marketing)と呼ばれることもあるようです。

企業が行う一般的な寄付活動との違いとしては、コーズ(Cause)を顧客に対して訴えかけることによって社会貢献をするだけでなく、同時に売上・利益の向上を追求している点があります。

その一方で、すでに数多くの失敗例も存在し、コーズマーケティングの有用性に対して疑問やデメリット、また、限界を挙げる意見が多くなってきているのも事実です。

コーズマーケティングに対する最も多い否定的な意見としては、マーケティングとしての戦略として有効性があるか疑問視する意見です。

例えば、コーズマーケティングだけでは顧客・消費者の心は動かないので、結局のところ、価格や品質、パッケージ、プロモーション、販売チャネルなど他の要素を総合的に考えた場合、コーズマーケティングに大量の予算を投じる合理性がないため、相対的に有効なマーケティングとは言えないという意見があります。

つまり、他のマーケティング手法と比較して、費用対効果が低いというデメリットが存在します。

まとめ

企業の営利活動と社会的貢献を直接結びつけるという目的を持つコーズマーケティングでした。

本当に有効なマーケティングの手法なのか、予算や費用対効果とも合わせて考えながら検討していく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

クロス新宿ビジョンに「Pokémon GO」の世界出現“ニャ”と“ネコ”のつくポケモンたちが登場
国内の広告

クロス新宿ビジョンに「Pokémon GO」の世界出現“ニャ”と“ネコ”のつくポケモンたちが登場

東京の中でも多くの人が行き交う街、新宿。 JR新宿駅の東口にあるクロス新宿ビジョンには、さまざまな企業がパンチのある広告を出稿し、多くの人が行き交う場所で通行人の目を引いている。 数年前に大ヒットを生みだした『Pok...
「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM
その他

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM

NTTドコモが2026年3月にiモードとFOMAのサービスを終了 歴代の400台以上のガラケーが登場し、iモード全盛期のあるあるやトレンドを盛り込みながら、当時のガラケー視点でガラケーが人と人とを繋いだ思い出を振り返...
美容室×タブレットの広告媒体 広告効果とおすすめ3社
国内の広告

美容室×タブレットの広告媒体 広告効果とおすすめ3社

美容室に行くと、一般的には雑誌を渡されるのだが、ちょっとした待ち時間やカットの間は一時的に読み物が読めない時間もある。 意識のやりどころに困ったりして、ちょっと気まずい思いをしたことのある人も少なくないはず。 そんな...