コーズマーケティング Cause Marketing

正式名称:Cause Marketing

コーズマーケティングとは、企業の営利活動と社会的貢献を直接結びつけることによって企業の社会価値の向上、そして、企業収益を両立させるマーケティング手法のことを意味します。

これには、企業が社会貢献するだけでなく、消費者・顧客からの企業やブランドへのイメージアップを狙う目的もあります。

コーズマーケティングのコーズ(Cause)とは「社会的大義」の意味があり、そのため、コーズマーケティングはコーズ・リレーテッド・マーケティング(Cause Related Marketing)と呼ばれることもあるようです。

企業が行う一般的な寄付活動との違いとしては、コーズ(Cause)を顧客に対して訴えかけることによって社会貢献をするだけでなく、同時に売上・利益の向上を追求している点があります。

その一方で、すでに数多くの失敗例も存在し、コーズマーケティングの有用性に対して疑問やデメリット、また、限界を挙げる意見が多くなってきているのも事実です。

コーズマーケティングに対する最も多い否定的な意見としては、マーケティングとしての戦略として有効性があるか疑問視する意見です。

例えば、コーズマーケティングだけでは顧客・消費者の心は動かないので、結局のところ、価格や品質、パッケージ、プロモーション、販売チャネルなど他の要素を総合的に考えた場合、コーズマーケティングに大量の予算を投じる合理性がないため、相対的に有効なマーケティングとは言えないという意見があります。

つまり、他のマーケティング手法と比較して、費用対効果が低いというデメリットが存在します。

まとめ

企業の営利活動と社会的貢献を直接結びつけるという目的を持つコーズマーケティングでした。

本当に有効なマーケティングの手法なのか、予算や費用対効果とも合わせて考えながら検討していく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...
思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...
歩いて走って仮想通貨を稼ぐ STEPNが注目の理由
その他

歩いて走って仮想通貨を稼ぐ STEPNが注目の理由

ランニングやウォーキング好きのみに限らず、健康管理に気を付けたいユーザーも注目するようなブロックチェーンゲームが今年の4月末ごろから流行している。 私もランニング好きのひとりであるがゆえに、自分が走ったり歩いたりした...